ハンブルガーSV(HSV)に所属するFW伊藤達哉の存在は日々大きくなっているようだ。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』が報じている。

 現地時間30日に行われたブンデスリーガ第7節の対ブレーメン戦でリーグ戦初先発を飾った伊藤は52分までプレーした。何度も切れの良いドリブルを見せた伊藤に対しHSVのマルクス・ギスドル監督は試合後「彼はサポーターの心に響くプレーをした」と絶賛した。

 同紙によると、伊藤は練習後サインや写真を撮りたいファンに囲まれ今やHSVサポーターの人気選手となっていると伝えている。このフィーバーに対しギスドル監督は「我々は彼をしっかり注意深く見守りしっかりサポートする必要がある」と答えている。

 さらに同監督は「彼のように突然今までと世界が変わってしまったような選手は冷静さを保つことが必要だ。彼は自分の周りで起こっていることに対して冷静に対応しなければならない」と慎重な行動を求めている。

 一方で練習中からベテラン選手が伊藤に対し気を使っている様子で「若い選手の成長を助けるために彼らはサポートしてくれる」と首脳陣、選手が一体となって伊藤の今後の成長をサポートしているようだ。

 なお来週にはイエンス・トッドSD(スポーツディレクター)は20歳の日本人と将来についての話し合いをするようだ。2018年でHSVとの契約の切れる伊藤はハンブルクでの生活に満足しているようで来季以降も残留の可能性を同紙は予想している。

 現在20歳の伊藤は2015年に柏レイソルの下部組織からHSVのU-19に加入した。現地時間9月24日に行われたブンデスリーガ第6節レバークーゼン戦の82分から途中出場しブンデスリーガ1部デビューを果たしている。

text by 編集部