ドイツ代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間8日にロシアワールドカップ(W杯)欧州予選が行われ、ドイツ代表はホームでアゼルバイジャン代表と対戦し5-1で勝利した。

 試合は8分にコーナーキックから最後はMFレオン・ゴレツカが技ありのヒールキックで先制点を挙げる。34分にはアゼルバイジャンに同点ゴールを許すし前半を終えるも後半は怒涛のゴールラッシュとなる。

 まず54分にFWサンドロ・ワグナーがヘディングシュートを決めると64分にはDFアントニオ・リュディガーが追加点を挙げる。その2分後にはゴレツカがこの日2点目となるゴールを決めると最後はMFエムレ・ジャンが強烈なミドルシュートを決めてゴールラッシュを締めた。

 なおこの日の勝利で今予選10試合全てに勝利したドイツ代表は得失点差が39となり(得点43失点4)スペイン代表が2009年のW杯予選で記録した最多得失点差23(得点28失点5)を大きく更新した。

 圧倒的な強さで今予選を終えたドイツ代表は今後フランスやブラジルとのテストマッチを予定している。なお、ロシアW杯は来年6月14日に開幕する。

text by 編集部