エジプト代表が7大会ぶり3回目のW杯出場を決めた

写真拡大

 ロシアW杯アフリカ予選は8日、グループEの1試合を行い、首位のエジプト代表がホームでコンゴ代表を2-1で下し、7大会ぶり3回目となるW杯出場を決めた。

 後半18分にFWモハメド・サラーのゴールで先制すると、同43分に同点弾を浴びたが、同アディショナルタイム5分に獲得したPKをサラーが沈め、劇的勝利で出場権を獲得した。

 なお、エジプトはナイジェリア代表に続く2番手でアフリカ予選を突破。W杯出場は15か国が決定している。

【グループE】

1.☆エジプト(12)+4

2.ウガンダ(8)+1

3.ガーナ(6)+2

4.コンゴ共和国(1)-7

★W杯出場国

ロシア(開催国)

ブラジル

イラン

日本

メキシコ

ベルギー

韓国

サウジアラビア

ドイツ

イングランド

スペイン

ナイジェリア

コスタリカ

ポーランド

エジプト


●ロシアW杯アフリカ予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧