本田真凜【写真:編集部】

写真拡大

ジャパンOP5位から一夜、負けて知った「自分らしさ」とは? 「自分には守る必要がない」

 女子フィギュアスケートの本田真凜(関大高)が“シニアの壁”打破を誓った。8日、初出場となるグランプリ(GP)シリーズに向けた記者会見に都内で出席。前日(7日)に行われたジャパンオープンで5位に終わったことを振り返り、「自分に守る必要はないと感じた。自分でもハラハラして演技できる構成にしたい」と、さらにハイレベルな演技に挑戦することを明かした。

 16歳を「久しぶりに味わった気持ち」が変える。本田はシニア2戦目となったジャパンオープンで133.41点で女子6人中5位。トップの世界女王メドベージェワ(ロシア)とは実に18点以上の差をつけられた。

「自分に欠けていることを学べた。久しぶりに悔しさを味わったけど、それは自分の中で大切な気持ち。しっかりと自分の中で(心に)留めておきたいなと思いました」

 ジュニアでは世界選手権で優勝するなど、トップに君臨していた天才少女。シニア初戦のUSインターナショナルでは圧巻のVデビューを飾ったが、一転、初の国内戦はホロ苦いものとなった。しかし、ただで転ぶつもりはない。

「悔しさ」の中から、しっかりと「足りないもの」を見つけたという。

シニアで初めて“負け”を知った夜に「ひたすらノートに書いていた」こととは?

「昨日、終わって感じたのは守る必要がないなということ。ミスのない演技を目指すのは自分らしくないし、ノーミスをしたいという目標が間違っていた。シニア1年目、自分は挑戦していく側だと思うので、もっと楽しく、でも緊張感を持つこと。挑戦して失敗してもいいくらいのジャンプをやっていかないと、シニアでは相手にならないと思いました」

 順風満帆に走ってきた分、知らず知らずのうちに「守り」の気持ちが生まれていた。それを、初めての“負け”で気づくことができた。だから、表情に暗さはなかった。

 ジャパンオープン後、夜な夜な、一人、取り組んだことがあったという。

「ジュニア時代だったら満足していたと思うけど、足りないと思うところがたくさんあったので、自分が今しないといけないこと、今できる一番高い構成をひたすらノートに書いていた。今までの自分だったら挑戦したいと思わなかったことを書いていました」

 改めて自分を見つめ直し、「今できる最大の構成」を書き記した。そして、新しいジャンプ構成に挑戦し、さらなるステップアップを期すことを決めた。

「不撓不屈」で目指す五輪「自分でもハラハラして、演技できる構成を」

 シニア初参戦となるGPシリーズでは、第2戦のカナダ大会、第3戦の中国大会に出場する。会見で意気込みを記すコーナーでは「『かっこいい四字熟語』で(携帯で)調べて選んだ」という「不撓不屈」の言葉に込め、決意を語った。

「強い志を持って、諦めないことと(意味には)書かれていた。ミスのない演技をしたいという目標は、自分の立場ではないこと。自分でもハラハラして、緊張感を持って演技できるように構成を高く持っていきたいです」

 この日、一緒に登壇した宮原知子、三原舞依、樋口新葉、本郷理華らが、2枠しかない平昌五輪の権利を争うライバルになる。

「ジュニアの時とは違って夢じゃなく、近い目標に変わって(五輪を)ちゃんと考えるようになった。昨日、試合が終わってみて自分に必要な気持ち、足りない気持ちを教わった。早く練習しないといけないなという気持ちになった。五輪はずっと強く思っています」

 負けて悔しさを知り、成長のチャンスを掴んだ16歳の視線は、2月の輝く舞台に向いている。