長友佑都の専属シェフ、代表ウィークはあの選手に料理を作っていた

写真拡大

長友佑都の専属シェフとして知られる加藤超也さん。

現在はミラノに滞在して長友の食生活を管理しており、長友が立ち上げたヘルスケアの会社では食事事業の責任者を務めている。

そんな加藤さんは最近、インテルの他の選手の食事メニューも管理しているようだ。そのプレーヤーとは…

GKサミール・ハンダノヴィッチ!

インターナショナルマッチウィークに入り長友は日本へと帰国したが、ハンダノヴィッチは代表チームから引退しているためインテルに残っていた。

その間、ハンダノヴィッチは加藤さんの指導の下でいわゆる「食トレ」を行うことにしたようだ。

ハンダノヴィッチと長友は仲が良く、よくSNSにその様子がアップされている。

今年4月にも長友の家にハンダノヴィッチらインテル選手が招待されていたが、この時に加藤さんとも交友を深めたのだろうか?

加藤さんはInstagramでのハンダノヴィッチについて、「食への意識が物凄く高くて嬉しい」とコメントしている。