まさに満身創痍だった

写真拡大

 2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の主人公である西郷隆盛はなぜ自らが朝鮮に渡ることに固執し、「征韓論政変」を引き起こしたのか。これは、明治6年、西郷隆盛の朝鮮使節派遣を巡り新政府内で意見が対立し、西郷や板垣退助らの政府首脳と、軍人や官僚約600人が辞職・下野した件だ。そそこには西郷の体調が大きく影響している、と大阪経済大学客員教授の家近良樹氏は言う。西郷は肥満をはじめとするさまざまな疾病を抱えていた。その病を辿ると、従来の認識とは違った西郷像と政変が見えてくる。家近教授が解説する。

 * * *
「西郷どん」といえば、立派な体躯と類い稀な精神力から、豪放磊落な大人物を思い浮かべる人が多い。坂本龍馬が西郷と会った時の印象を勝海舟に語ったものとされる「少しく叩けば少しく響き、大きく叩けば大きく響く」という一節も従来の“偉大なる西郷像”に貢献している。

 だが、残された書簡などから読み取れるのは「ストレス」による「体調不良」に苦しんだ人生である。

 一般的なイメージとは異なるが、西郷は何事も理詰めで考える繊細な感性の持ち主であり、生真面目で融通のきかない堅物だった。配下への目配りや気配りもきめ細かく、例えば長州藩と幕府軍が激突した禁門の変の後、対策にあたって正確な情報が不可欠として、多数の薩摩藩士を長州藩などに派遣して情報収集をさせた。

 また戊辰戦争では指揮官として最前線に立ちながら、日本史上初めて活躍した従軍看護婦や、臨時の人足、土工などの給金の支払いまで事細かに指図していた。一方で、人口に膾炙(かいしゃ)した「敬天愛人」のモットーとは裏腹に好悪の感情が強く、決して清濁併せ呑むタイプとは言えなかった。

◆五十度計も瀉し(くだし)候

 現代人も同じだが、こうした性格の人物は精神的なプレッシャーには必ずしも強くはない。しかも人生の多くを激動期のリーダーとして過ごした西郷は、常人にはうかがい知れないストレスからくる体調不良に悩まされ続けた。

 その証拠に、主君島津斉彬の継嗣が急死して敵対勢力と抗争した1年後の安政2(1855)年、同志に送った書簡には早くも「五十度計も瀉し候」と、50回ほどトイレに駆け込んだと記される。これは前年から継続したストレスによるものと推定される。その後も2度の流島、戊辰戦争などの重圧が重くのしかかった。

 なかでも最大のストレス源は斉彬の没後に実質薩摩藩の実権を握った島津久光との関係だった。元々西郷と久光は折り合いが悪く、2度目の流島生活も元は久光の怒りに触れたことが原因となった。

 その不和が最高潮に達したのが、明治4年の廃藩置県だ。新政府の重鎮として目玉政策を実現する立役者となった西郷に対し、特権を奪われた久光および近臣は激怒し、廃藩後、久光は14か条にわたる詰問状を西郷に突きつけた。

 その前後、西郷の体調はより悪化した。当時、戊辰戦争で心身ともに疲れ果てた西郷は暇を見つけては湯治に勤しんでいたが、明治2年、療養先の日向(現・宮崎県)の吉田温泉で「腹痛」によるひどい下痢症状となり、さらに初めて「下血」する。

 下血の原因として、当時多くの日本人が患っていた「痔疾」のほか、「大腸がん」「大腸ポリープ」「潰瘍性大腸炎」など、より深刻な疾患が推定できる。

 それらの原因となりうるのがストレスだ。脳が強い重圧を受けると自律神経を通じて胃腸の異変を引き起こし、その結果として深刻な疾患が生じた可能性がある。いずれの疾患も、真面目で神経質な人間がかかりやすいことで知られる。

【PROFILE】家近良樹●1950年、大分県生まれ。同志社大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。中央大学博士。著書に『ミネルヴァ日本評伝選  西郷隆盛』『西郷隆盛と幕末維新の政局 体調不良問題から見た薩長同盟・征韓論政変』(ともにミネルヴァ書房)など他多数。

※SAPIO2017年10月号