「速く走る」ために必要なこととは?(撮影:田所千代美)

全国でかけっこ教室が人気になるなど「速く走ること」への関心が高まっている。「速く走る」ためには、なにが必要なのか。ソフトバンクホークスの外野手でプロ野球の連続盗塁成功記録保持者でもある福田秀平選手と、プロスプリントコーチ・秋本真吾さんの“かけっこ対談”を前後編に分けてお送りする。

――今回は、プロ野球の連続盗塁成功記録(32回)の保持者でスピードスターとも称される福田秀平選手と、400メートルハードルの元五輪強化指定選手で、現在はプロスプリントコーチとしてプロ野球選手やJリーガーにも教える秋本真吾さんに、「速く走ること」をテーマにお話を伺いたいと思います。おふたりは、やはり子どもの頃から足が速かったんですか。

福田:そうですね。小学生の時は、かけっこをするとつねに1番、2番でした。でも中学生になってオスグッド(成長痛)で走れなくなって、それから「自分は足が遅くなった」と思っていたので、高校生の時は盗塁したことがなかったんですよ。

秋本:ええ!? 本当ですか。僕も小学校の時から足が速くて100メートルは12秒8だったんですけど、同じく中学に入ってオスグッドになって走れなくなったんです。それで棒高跳びをやっていたんですよ。それから「自分は足が速い」という意識はなくなって、高校に入ってからもしばらくは、棒高跳び、幅跳び、三段跳びをメインにやっていました。

福田:同じような境遇ですね(笑)。オスグッドって本当に痛いんですよね。

秋本:確かに痛かったです。成長期で身長が一気に伸びて自分の体をコントロールできなくなるから、走り方すらわからなくなるんですよ。でも高校(福島県立双葉高等学校/進学校として知られる)の陸上部が練習でとにかくたくさん走るところで、その成果か、だんだん足の速さが戻ってきたんです。もともとジャンプ系の種目をやっていてバネもあるということで、監督に「400メートルハードルに出ろ」と言われて走ってみたら、それが当たってインターハイにまで行けました。

技術を支える土台


子どもの頃から足は速かった。しかし、成長痛に苦しんだ点で2人は共通している(撮影:田所千代美)

――福田さんはいつ頃、自分の足の速さを再認識したんですか。

福田:僕は高校(多摩大学附属聖ヶ丘高校/こちらも進学校)の野球部が強くなくて、練習も16〜18時、完全下校が18時半と決められていたので、秋本さんのようなハードな練習はしたことがないんです。プロになって、春のキャンプで「お前、足速いな」と言われて、え、そうなの?と思いました。

秋本:それは意外ですね! じゃあ、プロに入ってから走り込んだんですか?

福田:はい。「お前は足が速いんだから盗塁を武器にしろ」と言われて、それから改めて走ることを意識するようになりました。プロの1年目、2年目にはかなり走り込んで、それで入団した時よりも足が速くなったと思います。

秋本:なるほど。僕の現役時代もそうですし、今、子どもやプロを指導するうえで意識していることでもあるんですけど、技術に頼りすぎちゃうとダメなんですよね。

僕は国際武道大学の大学院時代に日本選手権のファイナリストになり、200メートルハードルでは日本最高記録を出しました。それで実業団に入った時に、ちょっと背伸びして技術にばかり傾倒して泥臭い練習をやらなくなったんです。でも途中で、走った後に倒れ込むぐらいの練習量という土台があってこその技術だと気づきました。福田さんの土台は、1、2年目の厳しいトレーニングで築かれたんですね。

32回連続で盗塁に成功できた理由


福田 秀平(ふくだ しゅうへい)/1989年2月10日生まれ、神奈川県横浜市出身。多摩大学附属聖ヶ丘高等学校卒。2006年高校生ドラフト1巡目で指名され、福岡ソフトバンクホークスに入団。昨シーズンは開幕戦に1番ライトでスタメン出場し、今シーズンは1年を通して1軍で活躍中。32回連続で盗塁を成功させた、日本プロ野球の連続盗塁成功記録保持者。幼少期は野球だけに留まらず水泳やサッカー等、複数の競技に挑んだ(撮影:田所千代美)

福田:たくさんの本数を走るなかで、「どういうフォームだといかに速く、楽に走れるか」をつねに考えていましたね。この走り方でこのタイムなら、もうちょっと違う走り方にしてみようとか、こっちのほうが楽だけど速いとか、自分なりに考えて試行錯誤していました。

秋本:福田さんのスピードの原点がわかりました。僕はよく為末(大)さんと一緒に練習していたのですが、ずっと言われていたのは「最後は頭の勝負だ」ということです。才能に頼ってきた人は、ケガをしてバランスが狂うと修正できなくなることが多い。自分で考える習慣がある人は、不調の原因を自分で見つけて修正できる。福田さんの「考える力」は盗塁する時に発揮されているはずです。

福田:僕は、一塁からスタートを切って二塁に到達するまでにだいたい3.1秒かかります。一方で、盗塁を察したピッチャーがストレートをアウトコースに投げて、キャッチャーが投げた球が二塁に届くのは3.0秒ぐらい。この0.1秒が勝負になります。盗塁は成功率がとても重要で、50回スタートを切って30回成功するのではなく、35回スタートを切って30回成功するぐらいの成功率を目指しているので、若い頃は本多(雄一)さんと川粼(宗則)さんが盗塁するところをひたすら見て、走るタイミングを覚えました。

秋本:たとえばどんなタイミングですか。

福田:自分が一塁にいる時にキャッチャーの動きを見てアウトコースに構えたら、ストレートを横に外して、僕と勝負してくるんだろうなとわかります。逆にキャッチャーがど真ん中に構えたら、ど真ん中にストレートを投げることはないので、フォークとか落ちる系の球を投げると予想して走るか、走らないかを決めます。投手が変化球を投げるタイミングが自分にとって盗塁のチャンスなので、つねにピッチャーとキャッチャーの動きを予測して、隙を見つけるようにしています。相手ピッチャーの癖、配球も研究していました。対戦したことがないピッチャーが出てきた時は、ベンチの端で観察するようにしています。

秋本:いかに速く走るかを考えるだけでなく、ピッチャー、キャッチャーの配球や動きにも気を配る。その「考える力」があったからこそ、2011年から15年という5年間にわたって32回連続で盗塁に成功することができたんですね。本多さんや川粼さんのような先輩がいる環境も大きいと思いました。

福田:そうですね。僕がプロになった時、監督が秋山(幸二)さんでヘッドコーチが大石大二郎さん(元盗塁王)でした。秋山さん、大石さん、そして現在の一軍内野守備走塁コーチ、鳥越裕介さんが「アウトになってもいいから、思い切って走れ」と背中を押してくれたから、今の自分があると思っています。

速く走る方法は2つしかない


秋本 真吾(あきもと しんご)/1982年4月7日生まれ、福島県大熊町出身。2012年まで400mハードルの陸上競技選手として活躍。現在はプロスプリントコーチとしてプロサッカー選手、プロ野球選手をはじめ多くのアスリートの走り方を指導。全国で子ども向けの走り方教室も実施(撮影:田所千代美)

秋本:盗塁を含めて、福田さんの足の速さを裏付けるもう1つのキーワードは「楽に走る」という言葉です。僕はJリーグの選手もプロ野球選手も指導していますが、共通しているが、一生懸命に頑張ることで速く走ることができると思っている人が多いことです。

福田:そうなんですか。

秋本:はい。正しいポジションで接地すると、力がうまく地面に伝わります。地面からの反発力を利用して走るので、頑張ろうと力んでも意味がない。むしろ、力むと体が緊張して速く走ることができません。リラックスした状態で正しいフォームを保つことが重要なのですが、野球もサッカーも大半の選手はとにかく一生懸命走ることに意識を使っているので、福田さんが「楽に走る」ことを意識していたというのはすごいことです。

福田:ありがとございます。でも、できることなら一塁から二塁まで3秒以下で走りたいんですよ。自分のフォームを見た時に、盗塁がうまくて速い選手はババババッと足の回転が速いんだけど、自分は大股だなとか、腕を横に振ってるなとか、気になります。

秋本:速く走る方法は2つしかありません。足の回転を速くするか、1歩の歩幅を広げるか。野球選手の場合、とにかく回転数を上げようとして手と足のタイミングが合ってない選手が多いんです。それが力みにつながって、一、二塁間の短距離でも減速が始まる選手もいます。福田さんのフォームは美しいし、大股で走るのはいいことだと思いますが、確かに腕の振り方が気になりますね。そこを修正すれば3秒を切るのも可能だと思いますよ。

福田:本当ですか! あまり上半身を意識することがなかったので勉強になりますね。

(後編は10日に配信します。お楽しみに!)