冷蔵庫をスッキリさせる魔法のペン

写真拡大 (全6枚)

食材の保存やレンジでの加熱の際に誰もがお世話になっている保存用のラップ。ですが、特に冷蔵庫にいれた食材はいつから保管しているか忘れてしまい、ニオイで確認したりしてませんか? そんなメンドウを解消するのが、「ラップにメモ書きできるペン」なんです。油性マジックじゃダメなの? という疑問へのお答えも含めて、そのメリットを解説いたします。


メモ書きだけじゃなく
彩りも添えられる6色セット



旭化成ホームプロダクツ
サランラップ®に書けるペン 6色セット
実勢価格:859円
サイズ:(箱)幅147×高さ80×奥行き15mm
    (ペン)Φ8×長さ147mm
インク:水性

この商品は「ラップに文字や絵を書きづらい」ということを最も理解しているであろう、サランラップのメーカーである「旭化成ホームプロダクツ」自身が開発した水性ペンなんです。

実際に使ってみると分かるのですが、ペン先がラップに引っかかることなく、スムーズに書くことができます。インクはもちろん体に害のない物を使用。これなら気軽にメモを残すことができますので、例えば夕ごはんの残りものに日付を入れておけば、冷蔵庫の奥で眠ったままになる「あるある」なミスも防げます。結果、冷蔵庫もスッキリ……するはずです。

色も6色(赤、青、黒、緑、黄、白)用意されているので、お子さんのおむすびには色鮮やかなイラストなどを書いてあげると、喜ばれるかもしれませんね。また、現在はピンク、オレンジ、黄緑の新色も加わっているので、そちらも要注目です。



注意して欲しいのは油分がついたラップには書きづらいという点。乾いた状態で書くのがうまく使うコツです。



結露したラップも同様に書きづらくなります。インクが乾いた後なら水には十分強くなります。



レンジで加熱した際の色移りも検証。油性ペンはスタンプを押したように汚れが残ってしまいました。インクの臭いも気になります。



こちらはこんなにカラフルでもほとんど色移りはなく、臭いもゼロ。わずかな汚れもサッと拭けばすぐに綺麗になります。

ラップはともかく、それに書けるペンは「生活必需品」とは言い難い物かもしれません。しかし、それがあることで生活が便利になるなら、それはお金を出すだけの価値があります。生活の時間がズレがちなご家庭では、ラップに残したメッセージが大切なコミュニケーションになることも。そこの奥様も、旦那の帰りが遅い夜は冷めゆくおかずのラップの上に一言残してみてはいかがでしょうか?



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。