今予選16ゴールのレヴァンドフスキが1大会におけるW杯欧州予選最多ゴール記録を更新!

写真拡大

▽バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、8日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE最終節のモンテネグロ代表戦で1大会におけるW杯欧州予選最多ゴール記録を樹立した。

▽前節のアルメニア代表戦でハットトリックを達成していたレヴァンドフスキは、この試合を迎える前にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並び今予選15ゴールを記録していた。

▽自力でのW杯ストレートインがかかるこの一戦で新記録樹立を目指したレヴァンドフスキは、2点差を追いつかれた直後の85分に相手DFの不用意なバックパスをかっさらい、チームを4-2の勝利に導く決勝点を奪った。

▽そして、今予選のゴール数を「16」に伸ばしたレヴァンドフスキは、1大会におけるW杯欧州予選最多ゴール記録を更新することに成功した。

▽なお、今予選では1ゴール差のC・ロナウドが10日にグループB最終節のスイス代表戦を残しており、単独での新記録、予選得点王の称号は同試合の結果次第となる。