抜群のテクニックを披露して攻撃陣を牽引した久保は、自身でも1ゴールをマークした。(C)Getty Images

写真拡大

[U-17W杯グループリーグ第1戦]U-17日本6-1U-17ホンジュラス/10月8日/グワーハーティー(インド)
 
 U-17ワールドカップの初戦で、日本が絶好のスタートを切った。難敵のホンジュラスを相手に攻撃陣が爆発し、6-1の快勝。三菱養和ユースの中村敬斗がハットトリックを達成し、FC東京U-18の久保建英、川崎U-18の宮代大聖、C大阪U-18の鈴木冬一が追加点を叩き込んだ。
 
 日本は、この試合で4-4-2システムを採用。GKには谷晃生(G大阪ユース)が入り、最終ラインは左から鈴木、小林友希(神戸U-18)、菅原由勢(名古屋U-18)、喜田陽(C大阪U-18)。2ボランチを平川怜(FC東京U-18)と福岡慎平(京都U-18)が組み、攻撃的MFは左に上月壮一郎(京都U-18)、右に中村が入った。2トップは注目の久保と宮代というラインナップだ。
 
 立ち上がりからリズムを掴んだ若きサムライたちは、8分にいきなりビッグチャンスを迎える。相手GKのキックミスを拾った福岡が素早く前線にパスを送ると、宮代がGK1対1に。しかし、これはオフサイドの判定で惜しくも先制点とはならなかった。
 
 ゆっくりとボールを回しながら隙をうかがう日本は、その後も相手陣内でサッカーを続ける。じわじわとホンジュラスを押し込んで迎えた21分、待望の先制点が生まれた。
 
 右CKで久保がクロスを上げると、フリーで中央に走り込んできた中村がヘッドで合わせてネットに突き刺す。セットプレーでゾーンディフェンスを採用してきたホンジュラスの隙を突く、会心のゴールだった。
 
 この先制点で勢いに乗った日本は攻勢を強め、テンポの良いパスワークで次々にチャンスを創出。久保や宮代が積極的に仕掛けてゴールを狙い、ホンジュラスの守備陣を慌てさせた。
 
 2点目が決まったのは、30分のことだ。久保の浮き球パスを上手く処理した中村が、DFとGKを抜き、冷静に左足でネットを揺らした。
 
 その後、日本はCKから失点してしまうが、追加点は許さずに粘り強く対応していると、43分に上月のスルーパスから追加点が生まれる。
 
 決めたのは、またも中村だ。巧みに相手最終ラインの背後を取った背番号13は、GKとの1対1を制してハットトリックを達成する。さらに、その2分後には、中村のラストパスを受けた久保が、角度のないところから豪快に左足を振り抜いて4点目を突き刺した。
 
 大量リードを奪って迎えた後半も、日本の攻勢は止まらない。5点目が生まれたのは51分、久保の浮き球パスを受けた上月がクロスを上げ、最後は宮代がヘッドで仕上げた。
 
 5-1とした後は、53分に奥野耕平(G大阪ユース)、60分に池郄暢希(浦和ユース)、78分に馬場晴也(東京Vユース)を投入。ベンチメンバーに国際大会のピッチを経験させる先を見た采配も見せる。そして試合終了間際の90分に、鈴木がチームの6点目を決めて充実の勝利を飾った。
 
 唯一の気がかりは、福岡の負傷だ。85分に太ももの裏側を抑えてピッチを去っており、日本は残り時間を10人で戦った。怪我の状態は不明だが、チームの心臓ともいえるキャプテンの負傷は痛手だろう。
 
 同組のフランスが7-1でニューカレドニアを下したため、日本はグループ2位に。11日のグループリーグ第2戦では、そのフランスと対戦する。