U-17W杯初戦、日本がホンジュラスに6-1完勝 中村が3発、久保も3得点に絡む活躍

写真拡大

AFC U-16選手権のメンバーを中心に構成、前半だけで日本が4ゴール

 インドで開幕したU-17ワールドカップ(W杯)グループリーグ、U-17日本代表にとって初戦となるホンジュラス戦が現地時間8日に行われ、FW久保建英(FC東京U-18)が初ゴールを含め3得点に絡み、FW中村敬斗(三菱養和SCユース)が前半のみでハットトリックを達成するなど、6-1で大勝した。

 森山佳朗監督は昨年のAFC U-16選手権で今大会の出場権を得たメンバーを中心に構成。GK谷晃生(G大阪ユース)、MF福岡慎平(京都U-18)、MF平川怜(FC東京U-18)、久保、中村らを先発に送り出した。

 試合は日本がボールを支配する展開となるなか、22分に久保の突破で得た右CKで久保自らがキッカーを務めると、鋭く曲がり落ちたボールを走り込んだ中村が頭でしっかりと合わせてゴールネットを揺さぶった。

 勢いに乗った中村は同30分にも見せる。右サイドの久保からのボールを受けるとペナルティーエリアに侵入。相手マーカーを吹っ飛ばしてゴール前に入り込み、至近距離からこの日2点目を叩き込んだ。しかし同36分、ホンジュラスの右CKに対して日本守備陣がボールを触れず、相手FWパラシオスに押し込まれて1点差に詰め寄られた。

 だが終了間際、再び日本の攻撃が炸裂する。43分にMF上月壮一郎(京都U-18)のスルーパスから中村がシュートを決めて3-1。そしてアディショナルタイムには中村の浮き球パスで久保が得意の左足を振り抜き、ニア上を打ち破って今大会初得点をゲットした。

後半も日本が支配し、宮代と鈴木がゴール

 最高の形で前半を折り返した日本は、後半も攻勢を仕掛ける。6分、中央に位置した久保の浮き球パスに、ペナルティーエリア左に抜け出た福岡の正確なクロスをFW宮代大聖(川崎U-18)が頭で冷静に決めてチーム5点目を決めた。

 その後も試合を支配し続けた日本はチャンスを作り続けつつ、ゲームをコントロールして時間を進める。そして終盤の45分にMF鈴木冬一(C大阪U-18)がゴールラッシュを締めくくる一撃を決めて6-1。11日に控える中2日のフランス戦に向けて好スタートを切った。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images