バルセロナ、ユナイテッドで定位置を確保していないマルシャルを獲得候補に

写真拡大

バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシャルの獲得を狙っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

2015年に移籍金5000万ユーロ(+インセンティブ3000万ユーロ)でモナコからユナイテッドに加入したマルシャル。将来を嘱望される21歳のFWだが、ユナイテッドでは定位置確保に至っておらず、今季は19歳FWマーカス・ラッシュフォードよりも出場機会が少ない状況だ。

『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナはマルシャルのこの状況を受けて、これから同選手を注視し、契約の可能性も探る考えという。

ユナイテッドは今後、FWズラタン・イブラヒモビッチの復帰によって、前線のポジション争いがさらに激化することが予想される。バルセロナは、そうした中でマルシャルが退団に傾くかどうかに注目していくようだ。