シメオネ監督、将来指導したい選手は「最も身近な」彼だった

写真拡大

『Cadena SER』は7日、「ディエゴ・シメオネ監督は、いつか息子のジョバンニを指導したいと話した」と報じた。

アトレティコ・マドリーで長く監督を務め、2度のチャンピオンズリーグ決勝進出、1度のリーガ制覇など多くの成功を収めてきたシメオネ。

先日クラブとの契約を更に延長することをきめ、さらにスペインで長期的に指揮を行う可能性が高くなった。

では、将来的に彼が指導を行いたい選手というのはいるのか?そう聞かれたシメオネ監督は以下のように話したとのこと。

ディエゴ・シメオネ

「指導したい選手を挙げるとすれば、私の息子ジョバンニだよ。

彼のスキルが大好きだ。素晴らしいストライカーになれると思うよ。

フィジカルも強いし、上下動もできる。チームの為に働くことができるし、勝利に貪欲だ。

しかし、息子を訓練するのはいつだって難しいことだよ。マラガでアドリアンを指導しているミチェルを見ればいい。簡単じゃないよ」

ジョバンニは現在フィオレンティーナに所属し、今季は全公式戦で3得点を決めている。