フォア・ザ・チームのDF槙野智章「チームを強調しながら自分のやるべきことを」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、DF槙野智章(浦和レッズ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。さらなる成長に意欲を示しつつ、フォア・ザ・チームの精神を説いた。

◆DF槙野智章(浦和レッズ)

──ニュージーランド戦のプレーぶりにチームメートから称賛の声があるが

「年上年下は代表に関係ない。代表に来ると、刺激をもらう。褒められて嬉しいけど、色んな選手から学ぶことも多い。その中で、もっと成長しないといけないとも思っている」

「こういう場に来ないと感じられないものもある。ただベンチに座って刺激をもらうだけじゃなくて、試合に出て、感じ取ったものを糧に進んでいかないといけない。特に、ディフェンス陣にとって、ミスは成長する一番のキッカケ」

──サイドバック、センターバック、適性は

「1つのポジションで強みを出していかないといけないことは、昔からある僕の問題。浦和でやっているプレースタイル、プレーポジションだと、サイドバックなのか、センターバックなのか、わかりにくい。僕の中で、どっちでプレーしたいという強いこだわりはなくて、監督にとって計算できる選手になりたい」

「常に2番手、3番手になる選手から抜け出したいし、常にベンチに甘んじるのも良くない。やっぱりサッカー選手はピッチに立っててこそ。ただ、出ていないときに、チームが勝つために、輝くためにということを考えると、僕が何を働きかけられるかを思って行動もしたい。それも僕の役割」

「2006年、2010年、2014年の大会を見てきたけど、チーム全体がまとまっていないと、結果は出ない。大会中に何かが壊れてしまったら、勝てないと思うので、チームを強調しながら自分のやるべきことを考えていきたい」