ハイチ戦を見据えるDF酒井高徳「チームとして機能するかしないかが大事」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。競争が激化する中で迎えるハイチ戦に向けて意気込んだ。

◆DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

──サバイバルとハリルホジッチ監督は言っているがどんなプレーをしたいか

「サバイバルはサバイバルですが、試合というのはやってみないと分からない部分があります。色々と監督自身も試したい人やこともある中で、ニュージーランド戦を見ても人が変わったことで、うまく噛み合わなかった部分もあると思います」

「個人のことも大事ですが、個人のパフォーマンスが良くならないと、チームのパフォーマンスも良くならないので、サバイバルですけど、個人の欲を捨てるというか、チームとして機能すれば必然的に全体が良くなっているように見えると思います。その辺りで誰が出るとか、どんなサッカーをするとかはまだ分からないですけど、その辺を意識して喋ったりとか、心掛けてプレーしたいと思います」

──トレーニング前の円陣ではどんな話があったか

「誰がどう出てくるかは別として、チームとして成長して行かなければいけないと思いますし、ハイチの話を少ししました。半年ぐらい試合がないとか、監督がよく変わるとか。これからハイチのチームの分析をしていこうと思うという簡単な説明でした」

──映像とかもまだ見ていないのか

「事前に選手たちに配られている映像はあるので少し見ていますが、チーム全体としてコンセプトを持って分析とかはしていないです」

──半年も試合していないけど、FIFAランクもそんなに変わらないチームだが

「選手の入れ替わりも激しいと聞いているので、直近の試合しか見れていないというのもあります。どんな選手が来て、どんな特徴があるのかも分析してみなければ分からないというのは否めません」

「少し似たようなことになりますが、ニュージーランド戦も選手が入れ替わったりして、チームとして機能するかしないかということが、こういった相手には大事だと思います」

「48位とか、ハイチだったりという周りから見た目がありながら、なんとなく選手がプレーするのは危ないし、良くないことだと思います。自分たちがこれまでやって来たコンセプトをチームとして理解しながら、新しい選手とコミュニケーションをとってやることが、チームとして結果にもつながると思います」

「そこさえしっかりやれば、大きな崩れもないと思いますし、より良いプレーを心掛けられるかなと思います。ハイチのことは空いてる時間でしっかり分析できればと思います」