NZ戦で勝ち越し弾を演出もFW乾貴士「自分自身ではそんなに評価はしていない」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、FW乾貴士(エイバル/スペイン)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。ニュージーランド戦のプレーを振り返るとともに、先発と途中出場の差について語った。

◆FW乾貴士(エイバル/スペイン)

──ニュージーランド戦途中出場でうまく流れを変えたと思うが

「この間も言いましたが、相手もバテていたのでね。自分自身はフレッシュな状態で入れたので、2点目につながって勝てたのはすごく良かったと思います。ただ、相手がバテていたこともあったので、自分自身ではそんなに評価はしていないです」

──先発したらどうだったとか、スペースがない中状況だったりは考えるか

「それは難しいと思いますし、ヨッチ(武藤嘉紀)が裏に走って相手をバテさせてくれたことが、自分にとっては大きかったと思います」

──先発で結果を出していきたいと思うがどうアピールしていきたいか

「途中出場と先発は役割が違うと思うので、途中出場だとより攻撃のことを考えられますし、自分の特徴を出すこと、そこで貢献することの方が役割が大きくなってきます」

「先発となるとチームのバランスとか流れとか守備の役割とか、そういったところを途中出場より考えなくてはいけないのでね。ちょっと違う役割なのでなんとも言えないところはあります」