DF植田直通、A代表初キャップ狙う「来るだけじゃ意味がない」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、DF植田直通(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。いまだないA代表初出場に意欲を示した。

◆DF植田直通(鹿島アントラーズ)

──ハイチ戦に出場の可能性

「まだ出られるか分からない。来るだけじゃ意味がないっていうのはずっと言ってきたことで、ずっと悔しい思いをしてきた。ここで試合に出られれば、自分の良さを出していきたい」

──ニュージーランド戦で出番なしだったが

「ああいう相手は大好物。出たかった気持ちはあるけど、外から見ていて感じるものがたくさんあった。勉強になった」

──ニュージーランド戦では後方から鋭いロングボールを多用していたが

「この前の試合は相手が相手だったのでわからないけど、これからレベルが上がれば、ロングボールが通用しない場面が多くなる」

「この前の試合は(吉田)麻也くんからすごく良いボールが通っていたけど、僕もそういったパスは出せる。試合に出たなら、自信を持ってそういうプレーをしたい」

──練習からロングボールを取り入れているのか

「練習ではあまり蹴らず、繋ぐのが基本。繋ぐプレーがあるからこそロングボールが生きている。まずは繋ぐことがチームにある」