オランダ代表のアリエン・ロッベン【写真:Getty Images】

写真拡大

 オランダ代表のFWアリエン・ロッベンは、同代表のロシア・ワールドカップ(W杯)予選突破が事実上不可能となったことを認めている。『ロイター通信』がコメントを伝えた。

 今予選を通して苦戦を強いられてきたオランダは、現地時間7日に行われたベラルーシ戦で苦しみながらも3-1の勝利。だがグループ2位の座を争うスウェーデンがルクセンブルクに8-0の大勝を収めたことで、状況はより厳しいものとなった。

 10日の最終節ではオランダとスウェーデンの直接対決が組まれているが、勝ち点で3ポイント、得失点差で12点の差をつけられているオランダが2位に浮上するためには、7点差以上の勝利を収めなければならない。

 先に試合を行ったスウェーデンの8点差勝利について、ロッベンは「信じられなかった」とコメント。その結果を受けて臨んだベラルーシ戦に「8-0で勝つのは現実的ではなかった」と述べ、「スウェーデンに7-0で勝つことも同じだ。実現することはないだろう」と白旗を揚げた。

「もちろん最後の瞬間まで信じ続けるべきだが、誰もが考えていることを言った方がいいだろう。スウェーデンに大差で勝てると考えるのは現実的ではない。計算をする必要はない」とロッベンはオランダの“終戦”を認めている。

text by 編集部