ヒディンク体制復活を諦めない!? 韓国で燻る待望論、ロシア戦4失点で「組織力崩壊」

写真拡大

敵地でOG2本を献上するなど2-4と完敗 韓国メディアも「穴は守備」と指摘

 韓国代表が7日、モスクワでロシア代表と国際親善試合を行い、2-4で敗れた。

 今回の試合には国内でプレーする選手は招集されず、欧州や日本などでプレーする国外組でメンバーが構成された。

 試合は前半終了間際の44分に右CKから失点。後半に入ってからは後半10分と12分に、DFキム・ジュヨンが立て続けに2点も不運なオウンゴールを記録してしまい0-3。さらに同38分にもロシアに追加点を許し、0-4とされた。

 ここから韓国は目が覚めたかのように攻勢に転じ、同42分にMFクォン・ギョンウォン、アディショナルタイムにはFWチ・ドンウォンがゴール。だが2-4という大量失点での手痛い敗戦に、地元メディアには「完敗」との見出しが躍った。

 韓国のスポーツ紙「スポーツ朝鮮」は、「ロシアを相手に攻撃にはある程度の重量感があったが、穴は守備だった。先月の“ヒディンク狂風”を考えれば、今後の親善試合で呆れるようなスコア、または失望的な試合内容で崩れるようなことがあれば、ファンの失望感は爆発するだろう」と伝えた。

 また、韓国紙「韓国日報」は「韓国サッカーの守備が不安だという心配は、昨日、今日の話ではない」と伝えた。同紙は「キム・ジュヨンのポジショニングに難はあったが、サッカーにおいてオウンゴールは、ディフェンスするなかで発生する不可抗力的な部分がある。したがって、選手もそれについて非難したりはしない」と前置きしつつ、問題は“組織力の崩壊”と指摘した。

ヒディンク氏は非公式での協力を約束も…

「特にセットプレーでの守備は落第点だ。前半44分と後半10分の失点はCKからだった。最初の失点ではスモロフに簡単にヘディングゴールを許していたし、4失点目も代表選手かと思うほどDFの集中力が落ちていた」とし、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選から課題とされてきた守備を立て直す必要があると伝えている。

 また同紙では元代表コーチのチョン・ヘソン氏のコメントも紹介。「代表選手であれば、守備をする時のカバーリングと協力プレーは基本であるにもかかわらず、そうした部分が見えなかった」と苦言を呈している。

 最新の韓国メディアの報道によれば、大韓サッカー協会のイ・ヨンス副会長とチョン・ハンジン国際チーム長が、6日にフランスでヒディンク氏と協議した結果、ロシアW杯期間は別の仕事もあり、公式的な役割をこなすのは難しいため、「非公式で韓国代表をサポートする」との意思を明らかにしたという。

 韓国代表は10日にモロッコ代表との親善試合を控えているが、それでも「フース・ヒディンク氏を監督にせよ」との国内世論がいまだに燻っている。ファンを満足させるためには、シン・テヨン監督がこの先の代表戦で結果を残すしか、道は残されていない。

【了】

金 明碰●文 text by Myung-wook Kim

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images