野生の象と言えば、アフリカに生息する象を思い浮かべる。「悠悠と草原の中を闊歩している姿をいつかこの目で」と思っていたが、もしかしたらその夢は叶わないかもしれない。

象牙を狙う密猟者らが原因で、象が大幅に減少しているからだ。

象の保護活動の最前線といわれるアフリカ・タンザニアには、かつて30万頭がいたものの、今や4万頭ほどしか残っていないという。

この現状をどうにかしようと立ち上がった男がいる。戦場で修羅場をかいくぐってきたアメリカ軍の元兵士だ。

目的を失ったイラク帰還兵
「ココが生きる場所」

密猟者から象を守るために野生動物保護組織を立ち上げたのは、ライアン・テート。彼は、アメリカ同時多発テロ事件後、海兵隊に志願。その後イラクへ派遣され、最前線で戦ってきた。

帰国後「目的を失い、退屈ですることがなかった」と、ライアンは当時の生活を振り返る。街中でケンカを繰り返す荒れた自分の姿は、他の退役兵にも重なったという。そのような生活の中、ライアンは衝撃の映像を目にすることになる。

「顔を切られた状態で、まだ息のある象の映像を見ました。その目からは屈辱の感情が読み取れました。戦地で見たどんなものよりも衝撃を受けたのです」

「退役軍人と野生動物の双方を助けるため、密猟対策に自分の力を生かしたい、そう考えるようになったのです」

象と退役軍人、繋がるはずのない二つの点が重なった瞬間だった。

相手は15分で象を殺す
「猛毒」の持ち主

ライアンが声をかけたり、噂を聞きつけた元兵士たちが参加して、組織のメンバーが集まった。彼らは手始めに、原住民族に扮して不法な取引をしている密猟者たちを暴くことに。作戦メンバーたちは象牙の仲介者のふりをして、怪しい人物に近づくことに成功。そこで密猟者が誰なのかを認識した。

ひとまず、計画を無事に終えたこともあり、チーム内はリラックスムードが漂っていた。が、作戦の次の段階の話になると、敵の本当の恐ろしさを知ることになる。

密猟者らは原住民族を真似て、樹皮をペースト状にして毒を生成、それを矢じりに塗ったものを武器としているという。「彼らに取り囲まれないようにしないと」と、メンバーの1人が発言。すると、その場は笑いにつつまれた。戦場にいた彼らにとっては、そんなもの脅威に感じないのかもしれない。

しかし…、

「誰かが負傷したとしても、手当てできる場所まで最低でも1時間はかかる。相手が使うのは15分で象を殺すほどの猛毒だ」

という現実に、元兵士らの表情は一瞬にして凍りついたのだった。

互いの裏をかき合う
密猟者VS元米兵

こうして作戦は、密猟者逮捕へと進んでいく。象牙目当ての観光客のふりをして、相手を捕まえようとメンバーは彼らと連絡を取り始める。

待ち合わせを決めて計画を練っている矢先、思わぬ連絡が入った。どうやら待ち合わせ場所を変更したいようだ。「村に来い」。これはライアンたちにとって、予想外の展開だった。

攻撃しようと企んでいるのではないか、そう予想したメンバーたち。村へ行くことは断ったものの、悪い予感は的中した。道中で待ち合わせた案内役を車に乗せると、彼が武器を所持していたことに気がつく。後方からは、密猟者の仲間がバイクで追ってきた。

車内に緊張が張り詰める。同じ車に乗っていたメンバーらは、武装した案内役を取り押さえることに。

男がスキを見せた瞬間に押さえつける。

「暴れるんじゃないぞ。おとなしくしてろ!」

武器を持った男を確保。そして、後方から追ってきていたバイクの男たちも。

緊急の事態を想定して、離れたところから車でつけてきていたライアンたちが取り押さえることに成功。この摘発で、密猟者を特定することはできた。しかし、資金源である犯罪組織の追求はこれからだ。

と、ここまでのライアンたちの行動は、『エレファント・ウォーズ エピソード1』での出来事。エピソード2では、ライアンが軍隊で培ってきたことを地元レンジャーに伝授。一段階レベルアップした作戦が遂行される。

【番組】『エレファント・ウォーズ Ep.2』
【日時】10月10日(火)22:00〜
※アニマルプラネットにて視聴可能。未視聴の人はこちらから。

Licensed material used with permission by Discovery Communications