「グランプリ(GP)シリーズ・ファイナル2017」記者会見での宇野昌磨【写真:編集部】

写真拡大

前日のジャパンOPでミス出て3位「今の僕に必要なものは練習と安定感です」

 フィギュアスケートの「グランプリ(GP)シリーズ・ファイナル2017」の記者会見が8日、都内で行われ、宇野昌磨(中京大)は今シーズンの目標について「最後に笑って終えられるように。そのためには苦しい練習をしないといけない。すべては練習から」と話し、“練習の虫”になることを誓った。

 会見に登場した選手が記すGPシリーズの抱負に、宇野は「攻める!!!」と記した。

 司会のプロスケーター織田信成氏から「去年と同じじゃない?」と突っ込まれ「ビックリマークが1個多いです」と茶目っ気たっぷりに笑ったが、込めた思いは真剣そのものだ。

「攻めるという気持ちは僕にとって大切なことなんだと、去年1年間を通して改めて気付いた。だからこそ、この1年も『攻める』を通したい」

 今シーズン初戦のロンバルディア杯はショートプログラム(SP)、フリー、合計すべてで自己ベストをマークし、圧巻の優勝。しかし、前日のジャパンオープンではジャンプでミスが続き、6人中3位に終わった。現在の課題に「安定感」を挙げる。

「2年前は泣いて終わった。今年は笑って終われるように。そのためには苦しい練習を」

「初戦はすごくうまくいったけど、たまたまという気持ち強くて、達成感というより『なんで、できたかわからない』という感じ。ジャパンオープンで良くない演技をしたので、自分の実力を改めて再確認できた。今は昨日の悔しさでいっぱいなので。一刻も早く課題を改善できるように取り組んでいきたい。今の僕に必要なものは練習と安定感です」

 今季の抱負については「ゴールは決めていなくて、今シーズンは自分の中で通過点」と言う。

「2年前は(世界選手権で)泣いて終わっているので、今年は最後に笑って終えられるように。そのためには苦しい練習をしないといけない。すべては練習からです」

 羽生結弦(ANA)とともに平昌五輪のメダル候補として期待されるが、宇野が考えているのは、日々、目の前の練習に全力を尽くすことだけ。その先に結果が付いてくればいい。