なぜ鏡に写る自分に吠えるの?

犬が鏡の前を通ると、当たり前ですが犬の姿がそのまま鏡に写し出されます。まだ鏡になれていない犬だと鏡の中に写る自分に向かって吠えることも珍しくありません。では、なぜ鏡に写る自分に向かって吠えるのでしょうか。

ー分ではなく他の犬だと思っている

まず吠える1番大きな理由として挙げられるのが、鏡に写っている犬の姿が自分ではなく、他の犬の姿だと思っているということです。

鏡の中の自分に向かって吠えている時点で、自分だということを認識していないというのは、不明確ながらも感じますよね。

またこの時、鏡の中の自分に向かって吠えている際に愛犬の尻尾や仕草も観察してみてください。

もしも吠えながら尻尾を上に立てている場合には、「自分の方が上なんだぞ!家から出て行け!」という意味が込められており、反対に尻尾が下がっている場合には、「吠えたは良いけれど、たぶん自分の方が弱いな…」と思っています。

一見、前者は強く、後者は弱い子に見られるように思えますが、鏡に写し出されているのが自分の姿なだけに、後者であっても自分の姿を見て「強そう」と思っていることになるため、私たちから見ると面白い光景ですよね。

さらに頭を低くしながらお尻を上げ、尻尾を振っている場合には、鏡に写る自分を遊びに誘っている行動となります。

突然現れたから驚いて吠えている

犬は視覚はもちろん、嗅覚や聴覚が優れているため、この3つの感覚を使って相手の情報を嗅ぎ取ったり、相手が近付いてくることを察知したりします。

しかし、鏡の中の犬(自分)は物音も立てず、匂いもせず、鏡の前に立ったら急に現れる存在ですので、犬にしてみれば「急に現れた!驚いたじゃないか!」というような反応をします。この時、驚いたことで鏡の中の自分に向かって吠える子もいるのです。

特に散歩中、他の犬に会っても滅多に吠えない子や、家に来客があっても吠えることがないという子であれば、この可能性が高いでしょう。

C罎砲鰐椶鯣燭蕕校劼癲

ここまでは鏡に写った自分に吠える理由をご紹介して参りましたが、中には突如現れたことに驚いた後で目を反らす子もいます。「なんで目を反らすのだろう」と不思議に思いますが、実は「あなたに敵意はありません」ということを伝えているのです。

基本的には突如現れたことに驚いた上で、相手の方が強そうだと感じ、喧嘩になってしまうと自分が負けてしまうかもしれないと考えた上で、このような仕草をし、敵意がないことを伝えようとしています。

理由としては最初に紹介した「吠えながら尻尾を下げている」という行動の心理と非常に似ていると言えるでしょう。

しかし、結果的には鏡に写っているのは自分ですので、飼い主さんから見ると「そんなに心配しなくても、向こうも敵意はないよ」と微笑ましく思えますね。

鏡に写る自分に吠えた時のしつけ方法

ここまでで鏡に写る自分に向かって吠える時の心理をご紹介して参りましたが、鏡に写る自分に吠える行動を止めさせたい場合にはどうすれば良いのでしょう。

基本的にこの行動は、鏡がどういう物であるかを理解していないため起こっています。したがって、成犬ではあまり見られることは少なく、まだ子犬の時期に起こりやすいと考えられます。

そのため、1〜2週間ほど鏡の前を通り、吠えることで、次第に慣れてきますので、ある日突然終わることが多いです。問題ないと考えて良いでしょう。

しかし、1ヶ月経っても吠えることを止めないのであれば、犬が鏡に吠えている時に、飼い主さんが後ろに立ち、様々な動作を鏡に向かって行ってください。これで鏡がどういう物であるかを理解しやすくなります。

なぜならば、犬は自分の姿を認識していなくても、飼い主さんの姿は認識しているため、自分の後ろだけではなく前にも飼い主さんがいることに違和感を感じます。そこから「この犬は自分なのかも?」と理解し始めるのです。

ここまで慣れ、時間が経つと鏡を使って部屋全体の状況を把握したり、鏡がドアの方を向いている場合、鏡を使ってドアから飼い主さんが入ってきた事を確認するなど、鏡を有効活用する犬もいるから驚きです。

知能が高い犬は鏡の裏を気にする?

実は犬の中でもごく稀なケースですが、鏡の裏に興味を持つ犬がいます。最初は鏡の中の自分に向かって吠えていたけれど、その姿に違和感を感じ始め、「裏側に回るとどうなんだろう?お尻が見えるのかな?」などと興味を持ち始めるのです。

このような仕草をする犬は、とても知能が高いと言われています。なぜならば一般的な犬はそこまで考えが及びません。他の犬と比べて、考える力、想像する力が発達しているのです。

何度も言うように、このような行動は稀なケースのため、ほとんどの犬は鏡の裏を気にすることはありません。したがって、「愛犬はこの行動をとらない。大丈夫かな?」などと心配する必要は一切ありません。

まとめ

いかがでしたでしょう。鏡に写った自分に向かって吠えている時は、その姿が自分であることに気付いていない証拠です。もしも吠えなくなったら、自分であると気付いた、あるいはその状況になれたことを意味していますので、成長したことを感じてあげてくださいね!