男性との何気ない会話でも、脈ナシのサインは意外と出ているもの。

もし、脈ナシ女性に男性が言ってしまうセリフを知っていると、相手との距離感がわかり、適切なアプローチをすることができます。



出典:https://www.shutterstock.com

今回は、そんな脈ナシ女性に男性が言ってしまうセリフをご紹介します。

 

■「シッカリ者だよね〜」

一見、ホメているようなこのセリフですが、十分脈ナシの意味が込められているセリフです。

男性はシッカリしている女性より、ちょっと抜けていて頼られがいのある女性を恋愛対象にする傾向があります。

そのため、“シッカリ者”と言うことは、「俺がいなくても十分一人でやっていける自立した女性だね」という意味が込められているので、一人の人間としては評価されているけど、女性としては一切評価されていないと言えます。

 

■「ちょっと予定はわからないんだよね」

デートを取り付けようと予定を聞いた際、このセリフが聞かれる場合は脈ナシです。

もし、脈アリの女性に予定を聞かれたら、重要な予定をずらしてでも、時間を作ろうとします。ですが、このように予定をはぐらかされる場合、とくに相手の女性を重要視しておらず、わざわざスケジュール表を埋めるほどの存在ではないと感じていると言えます。

 

■「友だちの写真見せて」

男性からすれば、相手の女性を恋愛対象としてではなく、出会いのきっかけをセッティングしてくれるキューピットとしてしか見ていません。

ですが、あきらめるにはまだ早いです。

もし、こんな脈ナシのセリフを言われたときは、「じゃあお互い友だちを呼んでどっか出掛けようよ!」と返しましょう。

友だちに協力してもらえれば、脈ナシから脈アリに急浮上する可能性も十分あります。

 

■「明日朝早いんだよね…」

“あなたにはそんなに時間を割きたくないんだよ”というメッセージが込められた脈ナシのセリフ。

もしこのセリフを言われたら、メールやラインで距離を縮めていくことをオススメします。共通の話題を見つけて、お互いの人となりがわかってきたな、というタイミングでデートに誘えば、明日の朝が本当に早くても時間を作ってくれるはずです。

 

脈アリか脈ナシかをわかっていると、その距離感に適したアプローチができます。適したアプローチができれば、簡単に恋人になることができるでの、是非今回ご紹介した4つのセリフを覚えておきましょう。

【画像】

※  Romanova Anna/shutterstock