ウェスタン・シドニー・ワンダラーズの楠神順平【写真:Getty Images】

写真拡大

 オーストラリア・Aリーグの2017/18シーズン開幕戦が8日に行われ、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズはホームでパース・グローリーと対戦。MF楠神順平のゴールなどにより2-1の勝利を収めた。

 過去に川崎フロンターレやセレッソ大阪などでプレーした楠神は、昨年サガン鳥栖に在籍したあとウェスタン・シドニーへ移籍。1年目から中心選手として活躍し、現地で高い評価を勝ち取ることに成功した。

 2シーズン目の開幕戦にも先発で出場すると、チームが先制点を奪った直後の前半アディショナルタイムに追加点を記録。縦パスを受けてペナルティーエリア内右側へ走り込み、DFと交錯しながらも先にボールに触ってダイレクトシュートを蹴り込んだ。

 後半にはオウンゴールで1点を返されたウェスタン・シドニーだが、2-1で試合を終了。楠神のゴールが決勝点となり、チームに開幕戦白星スタートをもたらした。

text by 編集部