ピルロ、現役引退 今年限りで

写真拡大

元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが、今年限りで引退するようだ。

『La Gazzetta dello Sport』でのインタビュー内で、その旨を明かした。

それによれば、38歳になった彼は、所属するMLSニューヨーク・シティFCとの契約が満了となる12月をもって引退する見込み。

アンドレア・ピルロ

「(12月で契約が満了になる。止めるのかい?)

その時が来たと実感している。

日々、フィジカル的な問題を抱えている。思うようには練習できないんだ。常にいくらかの問題があるからね。

自分の年齢からすれば、それで十分だよ。

50歳になるまで永遠に続けることはできない」

「(すでに将来について考えている?)

まだだ。12月にはすでにイタリアに戻っているだろう。

アイデアはあるが、決めるまでに時間をくれ」