画像提供:マイナビニュース

写真拡大

iOS 11にアップデートしてから、電車に乗っていると「運転中は通知を受信しないようになります」というメッセージが現れ、iPhoneを操作できなくなったことはないだろうか?

この現象は、iOS 11の新機能「運転中の通知を停止」機能によるもの。iPhone内蔵のセンサーが移動を検知し、一定の条件を超えると作動、通知の表示や電話の着信が制限されるほかテキストメッセージをやり取りできなくなる。安全を考慮し、クルマの運転中にiPhoneを操作できないようにするための機能だ。

確かにドライバーの"つい見てしまう/触れてしまう"ことを防止するには効果的だが、やや過剰なところもある。アプリの操作中に現れることはないし、「運転中ではありません」ボタンをタップすれば消えるので、戸惑いつつもその場しのぎで対応してしまいがちだが、1日に何度も発生するとさすがにストレスとなる。

iOS 11の初期設定では、この機能は「自動」に設定されており、基準を超えた速度で一定時間移動を続けると作動する。自分がドライバーではない電車やバスの移動でも作動してしまうのはそのためで、公共交通機関での移動が多いユーザは設定を見直すべきだろう。

お勧めは、作動条件を「車載Bluetoothに接続時」に変更することだ。『設定』→「おやすみモード」の順に画面を開き、「運転中の通知を停止」欄にあるアクティベートをタップ、「車載Bluetoothに接続時」へ設定を変更すればOK。これで、Bluetoothに対応したカーナビ/車載システムに接続しているときでないかぎり、「運転中は通知を受信しないようになります」が表示されることはなくなる。クルマを所有しているかどうかにかかわらず設定できるので、とにかく公共交通機関で移動中に表示させたくない場合に有効だ。