リトアニア戦で先発出場濃厚なバトランド…指揮官「もう一人の最高なGKが出場する」

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選のリトアニア戦で、イングランド代表GKジャック・バトランドが先発に抜擢される。

 イギリス紙『イブニング・スタンダード』によると、代表チームを率いるガレス・サウスゲイト監督は同代表GKジョー・ハートが正守護神だと認めつつも、24歳のバトランドに出場機会を与えることを決めたという。すでに出場を決めたW杯本戦前に、チームの競争力を高めようとする意向だ。

 監督は「彼は辛抱強くチャンスを待ち続けた。調子は素晴らしいし、ジャックにとっていい機会だと思う。私たちは素晴らしい選手を何人も抱えている。ジョーはスロヴェニア戦で最高のパフォーマンスを見せてくれた。リトアニア戦では、もう一人の最高なGKが出場するんだ」とコメントした。

 2012年から継続的にイングランド代表に招集されているバトランドは、8日のリトアニア戦に備えている。