ノルウェー男女代表が賃金同一化へ…給与減受け入れの男子主将「重要度は同じ」

写真拡大

 ノルウェーサッカー協会が男子チームと女子チームの給与を均一化することで選手たちと合意したようだ。ノルウェーメディア『NRK』が7日に報じた。

 同メディアによると、女子代表との賃金格差を是正するため、男子代表が給料カットに合意。カットした分を女子代表の賃金に上乗せし、2018年から同一の給与が支給されることになったという。

 ノルウェーサッカー協会は数週間に渡って代表選手を抱える様々な競技団体とコンタクトを取り、給与体系を調査。給与が支給されないところやボーナスの支払いがあるところなど、実情はさまざまではあるが、男女間で給与差がないという共通点を発見したそうだ。現在、男子チームはトータルで650万ユーロ(約8億5000万円)、女子チームにはその半額以下の300万ユーロ(約4億円)ほどが支給されているという。

 減給に応じたノルウェー男子代表主将ステファン・ヨハンセンは同メディアに「僕らは他にもクラブから貰っているというのもある。これがあるべき姿だ。彼女たちの助けになれると思うし、ノルウェーサッカー界全体で前に進んでいきたい。彼女たちは僕たちと同じくらい重要なんだ」とコメント。

 ノルウェーサッカー協会幹部も「女子代表だけでなく国全体にとって喜ばしいものだと思う。我々のエリアでパイオニアとなることができた」と取り組みを高く評価しているようだ。