川崎、仙台下して決勝進出! ホームで3ゴールを奪い勝負決める

写真拡大

 2017JリーグYBCルヴァンカップ準決勝の第2戦が8日に行われ、川崎フロンターレとベガルタ仙台が対戦した。

 第1戦をホームで勝利したベガルタ仙台は、出場停止の石原直樹に代わり、シャドーの位置に中野嘉大が入る。一方、勝利が必要な川崎はエドゥアルド・ネットと森谷賢太郎がダブルボランチを組む。

 先にチャンスを掴んだのは川崎だった。29分、森谷が敵陣中央の右から中村憲剛に縦パスを供給。中村はヒールでペナルティエリア内に走り込んだ三好康児につなぐと、GKの位置を見て冷静にゴールへ流し込み、先制点を挙げる。

 川崎がリードを保ったまま前半を終了する。

 さらに川崎の猛攻が続く。49分、森谷がペナルティエリア内に走り込んだエウシーニョにスルーパスを送る。受けたエウシーニョが放ったシュートはGKのブロックに遭うも、こぼれ球に反応した三好が押し込み、リードを2点に広げた。

 しかし52分、川崎にハプニングが発生した。奈良竜樹がこの日2枚目のイエローカードを受け退場。森谷に変わり、DFの板倉滉がピッチに送り込まれる。

 アクシデントに乗じて仙台が反撃に出る。左サイドでショートコーナーからの返しを受けた中野嘉大が、一人でペナルティエリア内に侵入。中央左サイド寄りから右足を振り抜くと、ボールはGKが一歩も反応できずにゴールに突き刺さった。仙台が1点を返す。

 しかし川崎も反撃する。後半アディショナルタイム、敵陣でボールを持ったエドゥアルド・ネットが、途中出場した長谷川竜也にパス。フリーでボールを受けた長谷川が左足を振り抜くと、ボールはゴールへ吸い込まれた。川崎が再びリードを2点に広げる。

 試合はこのまま終了。2戦合計5−4で川崎がルヴァン杯決勝進出を決めた。

 決勝戦は11月4日に行われる。
 
【スコア】
川崎フロンターレ 3−1 ベガルタ仙台

【得点者】
1−0 29分 三好康児(川崎)
2−0 49分 三好康児(川崎)
2−1 59分 中野嘉大(仙台)
3−1 90+1分 長谷川竜也(川崎)