W杯出場が確定していない2人

写真拡大

レオ・メッシ抜きのワールドカップはマイケル・ジョーダン抜きのバスケットボールみたいなものだ」とアンヘル・カッパが数日前に語っている。

メッシがロシア・ワールドカップの出場権を未だに得られていないのに加え、ザ・ベストとバロンドールにおいてメッシの宿敵であるクリスティアーノ・ロナウドも出場できない可能性が出てきている。

誰もサッカー界の2大スターなしのワールドカップを想像したくもないが、現状アルゼンチンもポルトガルもワールドカップ出場を確定できていない。

監督サンパオリ率いるアルゼンチンはペルー戦に引分け、プレーオフ圏外になり大きな不安を抱えている。しかし、キトでのエクアドル戦に勝利すれば、少なくとも予選敗退はなくなり、引分けても他の試合の結果によってはプレーオフの出場権を獲得することは可能である。

また、ポルトガルも難局に直面しており、現在予選グループの2位。そして、10日にリスボンで行われるグループ首位のスイスとの試合が非常に重要になる。ポルトガルとスイスは直接対決に勝利したチームが、グループ首位でのワールドカップ出場となる。