DF木本の劇的後半AT弾でG大阪を下したC大阪が大会初の決勝進出!《ルヴァンカップ》

写真拡大

JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第2戦、ガンバ大阪vsセレッソ大阪が8日に市立吹田サッカースタジアムで行われ、1-2でC大阪が勝利した。この結果、合計スコアを4-3としたC大阪が大会初の決勝進出を決めた。

▽4日に行われた第1戦では、終了間際のMF井出の同点ゴールで、アウェイで2-2の引き分けに持ち込んだG大阪。若干のアドバンテージを得て、第2戦をホームの吹田で迎えたG大阪は、前回のスタメンから市丸を米倉に変更して臨み、大会史上初の4年連続決勝進出を目指した。

▽一方、第1戦では若手主体のチームを組み、ホームながらも引き分けに持ち込まれたC大阪は、この第2戦に向けて温存していた主力を起用。前回から大幅に7人を変更し、松田や田中、マテイ・ヨニッチ、柿谷らが先発に名を連ねた。

▽C大阪のキックオフで始まった一戦。4分に斧澤がボックス手前からゴールを狙うなど、積極的な入りを見せる。中盤での潰し合いが続く中でG大阪は11分、中原のアーリークロスに赤崎がゴール前で収めるが、オフサイドを取られてしまう。

▽大阪ダービーらしい試合展開となる中、試合を動かしたのはアウェイのC大阪だった。15分、相手のパスを遠藤がクリアし損ねると、このボールを柿谷がボックス右でキープ。相手とボールの間に上手く身体を入れてゴールを向いた柿谷は、そこから左足を振り抜きネットに突き刺した。

▽24分には、敵陣でボールを奪ったC大阪が田中の左サイドからのクロスに澤上が頭で合わせるが、GKの正面。前半の半ばにかけては、相手のエリアでボールを回すG大阪と、カウンターを狙うC大阪の構図となる。ポゼッションを高めるG大阪だが、ゴールへ繋がるキラーパスが出せない。

▽カウンターを狙うC大阪は、水沼を走らせて攻撃を仕掛けるが、俊足の藤春がここはきっちり守ってみせた。徹底してカウンター狙いのC大阪は44分にも水沼がボックス右から狙うが、DFに当たって枠の外へ。前半もアディショナルタイムに入り、G大阪にもチャンスが訪れる。47分、左サイドの遠藤のFKから、今野がヘディングシュートを狙うが、ゴールとはならず。

▽C大阪の1点リードで迎えた後半。49分にG大阪の最終ラインを抜け出そうとした柿谷を今野が倒してしまい、イエローカードを提示されてしまう。そのFKでは、ソウザがやや距離がある位置からブレ球シュートを放ち、GK藤ヶ谷を強襲する。

▽後半に入ってより激しさが増す大阪ダービー。攻め続けるG大阪が有利となる1点をもぎ取る。60分、遠藤の浮き球スルーパスから初瀬が右サイドを抜け出す。ゴール前を確認し丁寧に上げられたクロスに、ファーで飛び込んだ泉澤が押し込んで1-1とした。

▽このままいけばアウェイゴールでG大阪の決勝進出が決まる中、C大阪は70分に右サイドのクロスのこぼれ球に反応した斧澤が、惜しくも枠の左に逸れる際どいシュートを放つ。すると直後には、G大阪の初瀬がボックス手前中央から狙いすましたシュートを狙うが、GK丹野がビッグセーブで防ぐ。

▽ゴールが必要なC大阪は、G大阪を自陣に閉じ込め一方的な攻勢を見せるが、ゴール前にがっちり蓋をするG大阪守備陣をこじ開けることができない。しかし、最後の最後でドラマが待っていた。

▽後半アディショナルタイム5分、G大阪がゴール前を固める中、C大阪は右サイドに展開。フリーの水沼がクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだ木本が頭で叩き込んで2点目をもぎ取った。興奮冷めやらぬ中、試合はこのまま終了。この結果、2戦合計4-3としたC大阪が大会初の決勝進出を決めた。