逆転でのW杯出場を信じるも…モドリッチ、現在のクロアチアは「悲惨」

写真拡大

 6日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第9節で、グループIに所属するクロアチア代表はフィンランド代表と対戦。結果は1−1の引き分けとなり、グループ首位の座をアイスランド代表に譲り渡すこととなった。

 このクロアチア代表の状況に、レアル・マドリード所属の同代表MFルカ・モドリッチがコメントを残した。7日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 モドリッチはクロアチア代表の欧州予選を振り返り「全てがうまくいっていたよ。アイスランド代表に敗れるまではね。そこからチームは明らかに調子を崩してしまった」とコメント。第6節でアイスランド代表に敗れたことがチームのターニングポイントであったことを明かした。

 「しかし、この状況は現実のものとなってしまった。確かに今のクロアチア代表チームが立たされている状況は悲惨なものだが、まだチャンスは大いにある」とモドリッチは続け、W杯出場に向けてまだ可能性があると主張した。

 クロアチア代表は9日、勝ち点で並ぶ3位ウクライナ代表との大一番を迎える。アイスランド代表の結果次第で、まだクロアチア代表には首位通過でW杯出場を決められる可能性も残っている。しかし、ウクライナ代表に敗れるとプレーオフ圏外の3位に転落することとなる。