ユナイテッドでは何かを成し遂げることはなかった photo/Getty Images

写真拡大

かつてイングランドのマンチェスター・ユナイテッドを指揮していたディビッド・モイーズ監督は、自身が解任された理由として“移籍マーケットにおける失敗”を挙げている。

2012-13シーズン終了後にアレックス・ファーガソン氏の後任としてオールド・トラッフォードへ招聘されたモイーズだったが、同シーズンを無冠で終えただけでなく、翌年のチャンピオンズリーグ出場権すらも逃す結果となっていた。

モイーズ政権の失敗は後のユナイテッド低迷に繋がったとされるが、本人は当時最も契約を望んでいた選手を逃したことが大きく影響したと英紙『Mirror』で語っている。

「我々は2人の有能な選手を市場で追っていた。ガレス・ベイルとセスク・ファブレガスだよ。彼らは素晴らしく才能に溢れたプレイヤーであり、我々のメインターゲットだったが、いくつかの理由により正式なサインを結ぶことはできなかった。もしも彼らを獲得できていたら、チームのスカッドを一新するという意味では完璧な補強になっていただろうね」

だが、同時にモイーズは自身が決してパーフェクトな仕事を果たしたとも感じていない。

「もちろんマンチェスター・ユナイテッドの指揮官である以上、私が常に勝利を収めなければならないことは分かっていたよ。実際には十分な勝利を手にしたとは思わない。でも、サー・アレックスから引き継いだあのタイミングで最高の成績を残し、素早い順応を見せられる監督はあまり多くないと思うよ」