まるでファンタジーの世界!霧がかった風景に広がる「南チロルの土柱」が神秘的

写真拡大

霧の中に佇む幻想的な風景。

まるで映画の中の世界のようですが、実はこれ、イタリア北部のボルツァーノ自治県に存在する「Earth pyramids of South Tyrol(南チロルの土柱)」といわれる自然現象により形成された土の柱なのです!

神秘的な「南チロルの土柱」

この写真を撮影したのは、ドイツの写真家キリアン・シェーンベルガーさん。





地理学者でもある彼は「Otherworld(アザーワールド)」というプロジェクトのために、「南チロルの土柱」の姿を撮影しました。





この不思議な地形ができたのは、最後の氷河期に氷河によって残された「Moraine clay(氷堆石粘土)」のため。





「南チロルの土柱」は、侵食を免れて上昇した硬い土壌が塔や柱のようになって残ったものなのだとか。





まるでファンタジーの世界に迷い込んでしまったかのようです♡

厳しい美しさが印象的な高山風景

シェーンベルガーさんは、雄大な自然から都市景観までのあらゆる風景を撮影していることのこと。





その中でも、高緯度にある高山風景の厳しい美しさと、独特の憂鬱な雰囲気が好きなのだそうです。











彼の写真作品は、公式ホームページから購入することができます。











シェーンベルガーさんの写真が気になった方は、ぜひチェックしてくださいね♪

Kilian Schönberger

http://www.kilianschoenberger.de/

Instagram (kilianschoenberger)

https://www.instagram.com/kilianschoenberger/