チェルシー、代表戦でカンテがハムストリングを負傷

写真拡大

▽チェルシーに所属するMFエンゴロ・カンテが、フランス代表として出場した7日のロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第9節、ブルガリア代表戦で負傷した。

▽この試合に先発したカンテは、32分の負傷でプレー続行不可能となり、MFアドリアン・ラビオとの交代でピッチを後にした。イギリスメディアによればハムストリングの負傷とみられている。

▽検査の結果によって離脱期間は大きく異なるとみられる。イギリス『デイリー・メール』によれば、グレード1のダメージならばほとんど離脱することはないが、グレード2なら数週間、グレード3ならば数カ月の離脱もあり得る。

▽昨シーズンのPFA年間最優秀選手賞を受賞するなどチェルシーのプレミアリーグ制覇に貢献したカンテは、今シーズンもここまで公式戦10試合に出場して好調を維持していた。

▽14日のプレミアリーグ第8節でクリスタル・パレスとのアウェイ戦、18日にチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のローマ戦を控えているチェルシー。現在は同じくハムストリングの負傷でFWアルバロ・モラタが離脱しており、カンテの状態が懸念されるところだ。