専業主婦とサラリーマンのバトル ネット上の『いい争い』に、終わりがこないワケ

写真拡大 (全4枚)

ネット上でよく見かける、夫婦間の『いい争い』。

「専業主婦はラクだよな。外に出て働いていると、人間関係とか色々大変なんだぞ」

※写真はイメージ

「毎日ご飯作って洗濯して育児して…もう大変。サラリーマンはいいじゃない、こっちは息抜きをする暇もないんだから」

※写真はイメージ

そもそもこのいい争いは、なぜ起きるのでしょうか。

バトルが起きる原因を、漫画家の山本さほ(@sahoobb)さんが描いた漫画が「分かりやすい」と話題になっています。

いい争い

『サラリーマンと専業主婦が暮らす家庭』を例にした、こちらの漫画をご覧ください。

そもそも不満が溜まる家庭には「2つのパターンがある」と、山本さんは考えました。

決して交わることのない、お互いのいい分。

意見が交わらないのは、そもそも伝える相手が違うから、なのですね!

両者が見ている世界の『ズレ』を的確に指摘した漫画に、多くの人が納得しました。

・これ、絶対にそうだと思います。

・人類の分かり合えない構図を見たような気分です。

・確かに!見ているものが違うんだから、対立するのも仕方がありませんね…。

自分の視点から見た家庭をベースとして不満をもらしても、相手は全く違う家庭環境の相手…これではネット上でのいい争いがなくならないのも、無理はないのかもしれません。

[文・構成/grape編集部]