自分で言うの!アンチェロッティが“自虐ネタ” 「レアルでは●●」

写真拡大

シーズン途中にバイエルン・ミュンヘンの指揮官を解任されたカルロ・アンチェロッティ。

レアル・マドリーでは大物選手たちと良好な関係を築いたが、バイエルンでは5選手と対立していたとも伝えられている。

そんななか、自ら自虐ネタを口にしたようだ。『The Sun』によれば、ジョーク交じりにこう述べたそう。

カルロ・アンチェロッティ

「私がマドリーを去った時には、選手たちと(の距離が)近すぎると言われた。

今度は、選手たちとの関係が悪かったからバイエルン・ミュンヘンから首にされたと言われる」

「選手たちは私に反抗していた?分からないね。

私は彼ら全員をリスペクトしていたよ。だが、監督としては11人をピッチに送り、7人をベンチに座らせるという選択をしなければならない。

その選択を受け入れるのは、選手たちのインテリジェンスと監督をサポートするクラブ次第さ」