スペイン代表、2014年W杯出場を決めた「4年前のスタメン」はこれ

写真拡大

スペイン代表は11大会連続、15度目となるワールドカップ出場を決めた。

前回大会の出場を決めた4年前のスタメンはどのようなものだったかを振り返ってみる。

決まったのは、2013年10月15日。ジョージアとのワールドカップ予選最終戦だった。

カルロス・ベルモンテでの一戦に先発したメンバーと、控え選手は以下の通り。

▼スタメン

GK:イケル・カシージャス

DF:フアンフラン、ジェラール・ピケ、セルヒオ・ラモス、アルベルト・モレノ

MF:セルヒオ・ブスケツ、アンドレス・イニエスタ、チャビ・エルナンデス、ヘスス・ナバス、ペドロ

FW:アルバロ・ネグレド

▼控え

GK:ビクトル・バルデス、ペペ・レイナ

DF:イニゴ・マルティネス、アルバロ・アルベロア、ナチョ・モンレアル

MF:マリオ・スアレス、コケ、セスク、フアン・マタ、イスコ、ダビド・シルバ

FW:ミチュ

なお、ジョルディ・アルバはハムストリングを痛めて離脱中。試合はネグレドとマタのゴールでスペインが2-0で勝利している。