@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

Q:4〜9月で一番売れた国産車は? (2017年度上期おさらい)

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)photo:Hidenori Hanamura(花村英典)

9月の新車販売 11カ月連続でプラス

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会がまとめた2017年9月の全体での国内新車販売台数は、前年同月比3.9%増の49万5180台と11カ月連続での前年超えを達成した。カテゴリー別では、

・登録車が前年同月比0.4%増の31万8175台(2カ月連続でのプラス)
・軽自動車は同10.8%増の17万7005台(6カ月連続でのプラス)

を成し遂げる。これで2017年度上期(4〜9月)の成績は、登録車が前年同期比4.0%増の160万7978台と3年連続でのプラス、軽自動車が同15.1%増の87万4811台と4年ぶりのプラス、トータルで同7.7%増の248万2789台と5年ぶりに前年実績を上回った。

A:ホンダN-BOX

モデル末期になっても1万台以上の販売を継続し、フルモデルチェンジした9月は2万6983台を記録。2017年度上期で9万4601台(前年同期比10.6%増)に達し、見事に同期初の首位に輝いた。ちなみに、新型N-BOXの発売約1カ月の受注は月販目標の約3.5倍となる5万2000台超を記録。車名別の月販ランキングは、しばらくN-BOXの首位が続くかも!?

日産の検査不備 その影響は?

市場の動きに関して業界団体の関係者は、「9月は全体的に新型車が販売を牽引し、前年実績超えを記録した。燃費不正問題の影響で販売が落ち込んでいた軽自動車も、乗用車やトラックを中心に回復軌道に乗っている」と解説する。

ただし、今後については不安材料を指摘した。日産自動車の検査不備の発覚だ。「日産はノートやセレナといった新型車の販売が堅調で、9月は登録車全体で前年同月比21.1%の大幅増を記録していた。10月以降は検査のやり直し、さらに体制の再構築などで納車が遅れ、販売台数が落ち込むことは確実。これがどれくらい長引くかで、今後の展開は変わってくるだろう。一方、市場全体での受注は比較的好調で、また年末にかけて販売を伸ばしそうな新型車がデビューする予定なので、落ち込み幅は少なくて済む可能性もある」と予想した。

2017年9月 車名別 販売台数ランキング

(日本自動車販売協会連合会/全国軽自動車協会連合会)

1位 ホンダN-BOX 2万6983台
2位 日産ノート 1万5469台
3位 日産デイズ 1万5153台
4位 トヨタ・プリウス 1万3275台
5位 トヨタ・アクア 1万2896台
6位 ダイハツ・ムーヴ 1万2771台
7位 スズキ・ワゴンR 1万1920台
8位 ダイハツ・タント 1万1636台
9位 ホンダ・フリード 1万808台
10位 スズキ・スペーシア 9573台

ホンダN-BOX、返り咲き 前月トップのアクアは?

車名別ランキングは前月から順位が大きく変わった。首位に立ったのは9月に全面改良を実施したホンダN-BOXで、前年同月比32.3%増の2万6983台の販売を実現して2カ月ぶりのトップにつく。続く第2位には、インテリジェントクルーズコントロールやインテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)の採用など仕様向上を行った日産ノートが同178.5%の大幅増となる1万5469台を記録してランクイン。第3位には、同38.5%増の1万5153台と好調なセールスを継続する日産デイズが入った。

6月にマイナーチェンジを行って前月はトップとなったトヨタ・アクアは、同16.8%減の1万2896台で第5位にダウン。9月にキャンバスの一部改良を実施したダイハツ・ムーヴは同11.0%増(1万2771台)を成し遂げて第6位に、2月に新型に移行して8月には5速MT車を追加したスズキ・ワゴンRは同86.9%増(1万1920台)で第7位に位置した。トップ10を一覧すると、登録車が4車種で、残り6車種が軽自動車。この比率になるのは、3カ月連続である。

上期ベスト3は、この3台

・2017年度上期の車名別ランキング
1位 ホンダN-BOX 9万4601台
2位 トヨタ・プリウス 7万8707台
3位 日産ノート 6万8441台

一方で2017年度上期の車名別ランキングでは、前年同期比10.6%増の9万4601台を記録したホンダN-BOXが同期初の首位に輝く。続く第2位には、新車効果が一巡して同42.4%減の7万8707台となったトヨタ・プリウスが位置。第3位には、e-POWERモデルが販売を牽引して同68.5%増の6万8441台を成し遂げた日産ノートが入った。

9月販売台数ランキング CX-5、スイフト、カムリが大幅増

話題の新型車の動きも見ておこう。5月にイースを新型に切り替えたダイハツ・ミラは前年同月比45.9%増(8757台)を達成して第12位に位置。同一車線自動運転技術のプロパイロットなどが好評を博している日産セレナは同26.2%増の8187台を記録して第14位にくい込む。8月にツートンのボディカラーを新設定したクロスオーバーSUVのトヨタC-HRは第17位に、新型トールワゴンのトヨタ・ルーミーは第18位、トヨタ・タンクは第23位に、6月に2ℓ直噴ターボエンジン仕様を追加するなどの一部改良を実施したトヨタ・ハリアーは第29位にランクイン。第5世代に移行した新型スバル・インプレッサおよび新型XVは同20.2%増(4929台)で第30位に、第2世代に切り替わったマツダCX-5は同157.8%の大幅増(4555台)で第33位に、8月にアイサイトツーリングアシストなどを新装備して大幅な進化を図ったスバル・レヴォーグは同67.1%増(4350台)で第36位に、スポーツを新型に移行したスズキ・スイフトは同185.4%の大幅増(3476台)で第38位に、7月に全面改良したトヨタ・カムリは同665.9%の大幅増(3324台)で第41位に入った。