久保建英はサッカーだけでなく卓球でも類まれな才能を発揮しているとか…【写真:舩木渉】

写真拡大

 U-17日本代表は8日、インド・グワハティでホンジュラスとのU-17W杯のグループステージ初戦に臨む。

 治安や安全上の問題もあり、練習以外の時間はホテルの外に出られない選手たちだが、オフの時間はしっかりとリラックスできているようだ。キャプテンの福岡慎平は「ホテルがとても良くて、充実して過ごせています」と語る。

 以前からオン・オフの切り替えや、選手同士の仲の良さ、一体感を武器に戦ってきた現在のU-17日本代表は、W杯のためにインド入りしてからも「オフの部分ではみんなリラックスしていていい雰囲気を作れていますし、オンの部分で練習を見ていてもわかるんですけど、本当にみんなコミュニケーションもとれている」と、福岡は充実の表情を浮かべる。

 そんなチーム内で、オフの時間には卓球が行われているという。福岡に誰が一番強いのか尋ねてみると、即答で「久保建英ですね」と返ってきた。ピッチ上でも抜群の存在感を発揮する16歳は、サッカーから離れたピッチ外でも意外な才能を発揮しているようだ。

 実は久保の卓球の上手さは、先輩たちに混ざって参戦した今年5月のU-20W杯の時にも話題になっていた。どうやら腕前はかなりのものらしい。

 オフの時間にリラックスし、ストレスもしっかり解消できているU-17日本代表。今度は「オン」の部分、ホンジュラスとの重要な大会初戦でも自慢の一体感を発揮したいところだ。

(取材・文:舩木渉【グワハティ】)

text by 編集部