※写真はイメージ

写真拡大 (全2枚)

SNSが普及した現代、TwitterアカウントやFacebookページを開設する企業も増えました。

うまく活用すれば素晴らしいPRツールになるものの、ほんの少しでも使いかたを誤れば炎上し、企業のイメージに傷をつけかねません。

そんな中、アメリカの大手ラジオ局が公式Facebookページで個人的な投稿をしてしまい、話題を呼んでいます。

炎上待ったなしかと思いきや…?

渦中のラジオ局は、アメリカの公共ラジオ局、通称NPR。Facebookに投稿された個人的な内容が、コチラです。

NPR公式Facebookページ スクリーンショット

新しいおもちゃをもらったラモーナ:笑顔を浮かべながら、おもちゃを20秒ほど調べた後で、捨てていました。

抱きしめられたラモーナ:不本意そうに黙り、すぐに降ろしてもらいたがっていました。

離れた場所から3匹の猫を見つめるラモーナ:すごいはしゃいでいました。

NPR公式Facebookページより ーより引用(和訳)

投稿に登場する『ラモーナ』とは、赤ちゃんであることが後に分かっています。また、誤りに気づいたNPRは、1時間後に投稿を編集。訂正文に書き換えられています。

先ほどの投稿は、個人のアカウントで公開するものでした。お詫びして訂正します。

NPR公式Facebookページより ーより引用(和訳)

個人的な投稿は、内容によっては炎上してしまう場合もあります。しかし、赤ちゃんに関する投稿だからなのか、多くの「いいね」を集める事態に!

その数は、なんと8万以上。ほかの投稿が、千いいねほどなのに対して、かなりの数を集めたことが分かります。

というのも、真面目で硬派な印象を持たれがちなNPRが、可愛らしいミスを犯したことで親近感を抱いた人が多くいたのでしょう。

なんとも心がなごむ投稿でした。

[文・構成/grape編集部]