「普段よく食べる麺」、うどんがトップ

写真拡大

麺を食べようと思ったとき、あなたは何を食べるだろうか。ラーメン、うどん、そば、パスタ......??

これらのなかで、どれが普段よく食べられているのか。

冷凍食品の製造・販売を手がけるキンレイが麺に関する日本人の意識調査結果を2017年10月5日に発表した。

男女2万1898人からとったアンケートによると、普段よく食べる麺の種類は、「うどん」が42.3%で最も多く、次いで「ラーメン」が35.6%だった。

「めっちゃ食べたい」「うまかった」

ラーメン以下は、そばが8.9%、パスタが7.6%と、うどん、そばとは大きな差が生じている。うどんとラーメンが「よく食べる麺」の2強と言えそうだ。

また、うどんに関し、普段よく食べる場所の1位は「自宅」で71%、ついで「うどん店」で26.3%、その他2.7%だった。

自宅、うどん店以外では、会社で食べる人もいるらしく、「会社で食べるカップうどんはなかなか乙なものがある」というツイッターも。

ほかにも、

「カレーうどんめっっっっっちゃ食べたい」
「めっちゃくちゃ、くちゃくちゃラーメン食べたい、、、」
「台湾まぜそばにハマっておる」
「たらこパスタうまかった」

などの声があがっており、人によって食べたい麺はさまざまだ。

調査は、2017年7月24日から7月30日までの間に、インターネット上で男女2万1898人に対し同社が行った。