小林祐希、ニュージーランド戦に途中出場【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

 6日に行われたニュージーランド戦で存在感を示した小林祐希は、まだ十分にアピールできたと感じていない。それでも今の日本代表に足りない飛び道具や、現状に疑問を呈する自分で考える力は、ハリルジャパンに必要なモノとなる可能性を秘めている。(取材・文:元川悦子)

-------

存在感はあったが「これくらいできて当然」

 2018年ロシアワールドカップ本番に向けた本格的強化の第一弾となった6日のニュージーランド戦(豊田)を、大迫勇也(ケルン)と倉田秋(G大阪)の2発で辛くも2-1で勝ち切った日本代表。しかし、過去2回の世界舞台を経験している長友佑都(インテル)が「自分のプレーもそうだし、チーム自身も今のままではワールドカップでは結果が残せない。全てにおいてもっと精度を上げなきゃいけないし、(クリス・ウッド=バーンリー)の失点もクロスの部分から防がなきゃいけなかった。課題は沢山ある」と翌7日に険しい表情を浮かべた通り、チームとしてさらなる進化を遂げないと2014年ブラジル大会のリベンジは果たせない。

 ニュージーランド戦は最終予選で出場機会の少なかったメンバーのテストの場でもあったが、強烈アピールに成功した選手は槙野智章(浦和)、乾貴士(エイバル)、倉田らわずか。小林祐希(ヘーレンフェーン)も後半15分から香川真司(ドルトムント)と代わってピッチに入って好印象を残したが、「評価に値するかは分からない。あの時間帯であの相手だったら、これくらいできて当然。というか、もっとできなきゃいけない」と物足りなさを感じたという。

 2016年6月のボスニア・ヘルツェゴビナ戦(吹田)で初キャップを飾り、11月のオマーン戦(鹿島)で初ゴールを決めた92年生まれのレフティにとって、ニュージーランド戦は11カ月ぶりの国際Aマッチ。しかも代表での最長プレー時間を与えられた。

 初キャップの時はポジションを大胆に変えながらゴールへの野心をギラギラとむき出しにし、先輩の本田圭佑(パチューカ)に「祐希が代表でツメ跡を残そうとしたのは気持ちは僕は伝わりましたけどね。何人か見てる人も分かったんじゃないかと思います」と言わしめたが、エゴが前面に出すぎている嫌いがあった。けれども、あれから1年4カ月の時間が経過し、オランダで2シーズン目を迎えた小林はピッチ上に落ち着きをもたらし、サイドチェンジやリスタートのキックの精度の高さを披露。何度か得点につながりそうなチャンスも作った。

初キャップ時からのオランダで進化

 彼が入った時間帯の日本はそれまでの4-2-3-1ではなく、4-3-3へとシフト。井手口陽介(G大阪)とインサイドハーフを形成したが、2人の新たなコンビネーションも新たな可能性を感じさせた。

「自分がパスを出した次の人がミスしたら、それは俺のミスを同じなんだ。つねに次の人がラクなパスを出せて、ラクな状況でやれることを意識してプレーしたし、それが前よりはできるようになったかな」と本人も話したが、初キャップ当時の邪念が消え、フォア・ザ・チームに徹することができるようになったのも特筆すべき点。これもヘーレンフェーンで黒子の仕事を経験したから賜物だろう。

 最大の見せ場は乾からのマイナスクロスを受け、左足を振りぬいた後半40分の決定機。強烈な一撃はGK正面に飛び、ゴールには至らなかったが、恩師であるジュビロ磐田の名波浩監督が「あいつは左足を振れる。ここ一番のところで点が取れる」と評したシュート力の片りんを示したのは確か。卓越した創造性とアイディアで武器とする香川、「動きを止めたら倉田じゃない」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督から言われるほどの豊富な運動量でのし上がった倉田とも違ったスケール感と戦術眼を垣間見せたことで、小林祐希には代表定着への期待が一気に高まってきた。

 そこで注目されるのが10日の次戦・ハイチ戦(横浜)だ。ニュージーランド戦翌日の7日の控え組トレーニングで、指揮官は杉本健勇(C大阪)を1トップに据え、右FWに浅野拓磨(シュツットガルト)、左FWに乾、インサイドハーフに小林と倉田、アンカーに遠藤航(浦和)を配置する形を試していた。この通りのメンバー構成で行くかどうかは定かではないが、小林祐希の代表初先発の時が刻一刻と近づいているのは間違いない。

 そもそも今季欧州組で最もコンスタントにピッチに立っている選手の一人なのだから、代表スタメン抜擢のタイミングが遅すぎると言っても過言ではない。「(長谷部誠=フランクフルトや香川といった)今の代表の中心選手たちが抜けたら、日本代表はアジアですら勝てない時期が続くかもしれないって思われている。『そんなの冗談じゃねえ』って感じですね。ふざけんなと。そんなこと、絶対言わせないって俺は思ってます」と彼は今年2月に話していたが、そのくらいの気概を持つ中堅世代の人間が頭角を現さなければ、日本の底上げはない。強心臓の小林祐希がFIFAランク48位とほぼ同格のハイチ相手にどこまで冷静にチームをコントロールし、攻撃のタクトを振るうことができるのか。そこは今後に向けてしっかりと見極めるべき点だ。

13年9月から決まらない直接FK。問題提起で新しい風も

 もう1つ、彼に期待されるのがリスタートからゴールに直結する仕事。オランダ移籍後は直接FKを蹴ることも少なくなったが、Jリーグ時代は何度も自らの左足で得点を奪っていた。その技術の高さは折り紙つきだ。これまでの日本代表は名波、中田英寿、中村俊輔(磐田)、遠藤保仁(G大阪)、本田とそれぞれの時代にFKの名手を擁したが、ハリルホジッチ体制移行後はその強みが失われている。FKからの直接ゴールが2013年9月のグアテマラ戦(大阪・長居)から4年もない現状を踏まえると、指揮官の嘆きも理解できる。小林はこの問題解決のキーマンになり得る存在。それは本人も自覚している。

「(FKにつながる)ファウルもらえないのも、簡単に落とせって言われてるから。ボールをキープしてターンしたりとかってなればいいんだけど、監督が『来たボールは全部落とせ』って指示を出してるから、みんなそれをやってるだけ。もうちょっとファウルがほしかったら強引なターンっていうのもあっていい。そこらへんは選手一人ひとりが監督と話すべきだと思います」

 彼は新たな問題提起をしたが、今の20代メンバーはハリルホジッチ監督の指示を聞きすぎる傾向が確かに強い。そこで自己判断力の高い小林が変化や工夫をつけるけん引役になってくれれば心強い。新たな日本の司令塔へ君臨するチャンスをつかむのか否か。ハイチ戦はやはりこの男の一挙手一投足に目を光らせるべきだ。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子