欧州予選、運命のラスト1試合 C・ロナウド、ベイルらにも忍び寄るW杯出場危機

写真拡大 (全2枚)

ポルトガルは最終節スイス戦で勝利を逃せばプレーオフへ

 ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選は現地時間7日に行われた試合を終え、泣いても笑っても残すは1試合のみとなった。

 各グループ1位のみがストレートインという過酷な条件もあって、クラブシーンでお馴染みのビッグネームの多くが予選敗退危機に立たされていると、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 南米予選ではFWリオネル・メッシ(バルセロナ)、FWパウロ・ディバラ(ユベントス)らを擁するアルゼンチンがW杯出場圏外の6位と苦しんでいるが、欧州でもプレーオフに回る2位にポルトガル、イタリア、クロアチア、デンマーク、ウェールズといった国が並んでいる。

 そのなかでも特に気になるのは、やはりクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)だろう。7日のアンドラ戦では途中出場ながら、後半18分に決勝ゴールを決めるなどその決定力は相変わらずだが、A組のポルトガルは最終節のスイスとの直接対決に勝たないとプレーオフに回ることになる。

 すでに2位でプレーオフに回るのが確定しているのがイタリアで、ロシアがキャリアの集大成となるであろうGKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)も、1998年フランス大会予選以来となる“生きるか死ぬか”の戦いに臨むことになる。

ロッベンらを擁するオランダは絶望的な状況

 前述した2人以外にもウェールズのFWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)、クロアチアのMFルカ・モドリッチ、マテオ・コバチッチ(ともにレアル・マドリード)、イバン・ラキティッチ(バルセロナ)といった面々も出場危機を迎えているが、最終節で首位浮上のチャンスが残されているだけ良い方かもしれない。彼ら以上に厳しい立場なのは、出場圏外である3位以下に沈んでいるチームだろう。

 その代表格がオランダだ。7日のベラルーシ戦を3-1で勝利したものの、2位スウェーデンもルクセンブルクに8-0と大勝。得失点差で「12」と大きく離されているため、最終節の直接対決で6点差以上の勝利という条件を満たさなければプレーオフ圏内浮上すら叶わないという絶望的な状況だ。FWアリエン・ロッベン(バイエルン)らの姿をロシアで見られない可能性は限りなく高まっている。

 オランダ以外にも窮地のチームは多い。F組3位スロバキアと4位スロベニアは、それぞれMFマレク・ハムシク(ナポリ)、GKヤン・オブラク(アトレチコ・マドリード)という名手がいるが、いずれかもしくは両者とも最終節でロシアへの道が断たれる可能性がある。

 またベルギーが早々に突破を決めたグループHの3位ボスニア・ヘルツェゴビナも苦戦中で、昨季セリエA得点王のFWエディン・ジェコ(ローマ)、MFミラレム・ピャニッチ(ユベントス)も涙を呑むかもしれない。

 各国リーグ戦やUEFAチャンピオンズリーグでよく見る選手たちが、W杯で見られない。わずか13枠というヨーロッパの厳しさを象徴する“リスト”と言えるだろう。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images