ギリシャがW杯出場に望みをつないだ

写真拡大

 W杯欧州予選の第9節が7日に行われ、グループHではギリシャ代表が2位に浮上した。

 すでに本大会出場を決めているベルギー代表は2位のボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦。前半から壮絶な打ち合いとなったがMFヤニック・フェレイラ・カラスコの決勝点により4-3で競り勝った。

 後がない3位ギリシャはキプロスと対戦し、先制点を許したが前半24分にFWコンスタンティノス・ミトログルが同点弾。その2分後にMFアレクサンドロス・ツィオリスが逆転ゴールを決め、2-1で勝利した。

 以下、順位表と日程

【順位表】

1.☆ベルギー(25)+33

2.ギリシャ(16)+7

3.ボスニア・ヘルツェゴビナ(14)+10

4.エストニア(11)-5

5.キプロス(10)-5

6.ジブラルタル(0)-40

第9節

10月7日(土)

ボスニア・ヘルツェゴビナ 3-4 ベルギー

ジブラルタル 0-6 エストニア

キプロス 1-2 ギリシャ

第10節

10月10日(火)

エストニア 27:45 ボスニア・ヘルツェゴビナ

ベルギー 27:45 キプロス

ギリシャ 27:45 ジブラルタル


●ロシアW杯欧州予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧