クリスティアーノ・ロナウドが先制点を決めた

写真拡大

 W杯欧州予選は7日、第9節を行った。グループBのポルトガル代表は敵地でアンドラ代表と対戦し、2-0で勝利した。

 7勝1敗で2位のポルトガルは、後半18分に先制点。左サイドからMFジョアン・マリオがクロスを上げると、相手に当たってFWクリスティアーノ・ロナウドが受けて左足で押し込んだ。さらに41分、C・ロナウドが左サイドからクロスを供給。MFダニーロ・ペレイラがヘッドで折り返したボールをFWアンドレ・シウバが右足で合わせ、2-0で勝利した。

 全勝で首位に立つスイスは、MFグラニト・ジャカが先制点、MFシュテフェン・ツバーが2ゴールを記録するなど5得点を奪い、ハンガリーを5-2で下した。最終節はポルトガルと直接対決となっており、引き分け以上で4大会連続11回目の本大会出場が決まる。

 以下、順位表と日程

【順位表】

1.スイス(27)+18

2.ポルトガル(24)+26

3.ハンガリー(10)-1

4.フェロー諸島(9)-11

5.ラトビア(4)-15

6.アンドラ(4)-17

第9節

10月7日(土)

フェロー諸島 0-0 ラトビア

スイス 5-2 ハンガリー

アンドラ 0-2 ポルトガル

第10節

10月10日(火)

ポルトガル 27:45 スイス

ラトビア 27:45 アンドラ

ハンガリー 27:45 フェロー諸島


●ロシアW杯欧州予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧