プライドを懸けてスウェーデン戦に臨むと語ったロッベン。その戦いの先に待っているものは……。 (C) REUTERS/AFLO

写真拡大

 ロシア・ワールドカップ欧州予選の第9節、ベラルーシ戦に3-1で勝利し、勝点の上では本大会出場に望みを繋いだ3位のオランダだが、その可能性は極めて低くなった。
 
 戦いを前にした彼らの前に届いたのは、3時間ほど先に試合開始を迎えた2位スウェーデンが、ルクセンブルクを8-0で下したというニュース。これを受け、ベラルーシ戦で大差での勝利が必要となったオランダだが、長く1-1のスコアが続き、ロッベンが勝ち越しPKを決めたのは終盤の84分になってからだった。
 
 最終節、オランダはアムステルダムにスウェーデンを迎える。勝てば勝点で並ぶものの、得失点差で12、総得点で7離れているため、7点差をつけなければ、2位の座を奪い取ることはできない。
 
 これはあまりに困難、というよりは、ほぼ不可能なミッションと思われる。オランダの『De Telegraaf』紙は「オランダにとってW杯は“ユートピア(存在しない理想郷)”に……」として、オレンジ軍団の事実上の“終戦”を伝えている。
 
 EURO2016に続いての予選敗退がほぼ確定してしまった後、キャプテンと指揮官は以下のようにコメントを残した。
 
◇アリエン・ロッベン
 これで戦いは終わったと言えるだろう。誰もが思っているはずだ。スウェーデンに6-0以上で勝つなんて不可能だと。
 
 それでも、(10日にアムステルダムで行なわれる)最終節には多くの観客が来てくれることを願っている。我々は、プライドのために戦わなければならない。可能な限りベストを尽くし、良い試合をしたいと思っている。
 
 今日の試合、前半は多くのチャンスを逸してしまったが、後半は良いプレーを見せて結果を出すことができた。
 
(スウェーデン戦が代表ラストマッチになるか?)それは自分自身の問題だ。まだ、戦うエネルギーはある。
 
◇ディック・アドフォカート監督
 私は、ロッベンとは違う考えを持っている。望みが潰えたなどと言う気はない。まだ可能性は残されている。予選突破が非常に困難になったことは事実だ。しかし我々はまだ、戦わなければならない。
 
 言い訳をするつもりはないが、スウェーデンと同じ時間に試合が行なわれていたら、また違う結果になっていたかもしれない。彼らが8-0で勝ったという結果を受けてからの試合は、精神的に我々に影響を与えた。懸命に戦っての3-1での勝利は喜ばしいものだが、もっと点を取りたかった。
 
(スウェーデンに大敗した)ルクセンブルクは、1か月前にフランス相手に敵地でスコアレスドローに持ち込んだ時とは別のチームだった。