加計呂麻島ハーフマラソン公式ホームページより

写真拡大

 前回のとおり、ハーフマラソンに出場するために加計呂麻島を訪れていた筆者。

 この四か月前の対馬ハーフでは、19kmあたりから左ひざに激烈なランナーズニーが発生し、最後は歩くことさえままならないままゴール直後に救護室へ駆け込んだ。

 いや、「駆け込んだ」ではいかにも足が動いていたように見える。こういう状態を日本語で何というのだろう。

 「いざりこんだ」とでも言えばこの状態が少しは伝わるだろうか。タイムは2時間3分だったので、まずは2時間を切りたいところだ。そして何より、ひざの痛みなしでゴールしたい。そうでなければ、成長したことにならないではないか。

 ハーフで2時間3分ということは、単純計算で1劼△燭5分50秒ということになる。

 フルマラソンでサブフォーを達成するにはキロ5分42秒が必要となるので私の走力ではまだフルで四時間をきれない。

 ただ、前回と決定的に違うことがある。7月初旬の対馬ハーフのときは、5月上旬から6月中旬まで「レスターの奇跡」と「ジェイミー・ヴァ―ディー」にかかりきりで走る時間がなかった。

 今回は左ひざの痛みが癒えた7月中旬から約四か月走っているということだ。

 理由は簡単。ほとんど働いていないからだ。鈴木宗男先生の訓えにしたがいランニングマシンと下半身のウェイトを重ねて前回よりは足の出来上がり方が全く違う。

 ほぼ毎日キロ5分で一時間、つまり12卻を走り、週に一度はスピードトレーニングとしてキロ4分30秒で走るようにした。もっとも、スピードの日はせいぜい20分程度だったが、それでも走らないよりはマシなはずだ。

 6月下旬、対馬の二週間前に初めて皇居を四周、つまり20劼鯀った。そのときの衝撃は大きかった。

 足首と左ひざがいうことを聞かなくなり、大手町駅への階段を下りるのにも難儀した。両手で手すりを全力で掴み、半身でそろりそろりと降りるしかなかった。

 さらに翌朝目覚めると、今まで見たこともないほど尿が茶色に近い黄色に染まっていた。ゆっくり20卅っただけでこれだと、フルを走り切ったらどうなるのか、想像すらつかなかった。

 その後、20卅っても以前のようなことはなくなった。これなら少なくとも2時間は切れる、いや1時間50分くらいは行けるのではないかという手ごたえがあった。

 最初の1劼4分42秒で入れた。といっても安物のランナーズウォッチだから正確に1卷茲離薀奪廚鮃錣瓩襪錣韻任覆、走行距離もわからない。あくまでクロノグラフの目測だ。

◆折り返すのは、自分より遅い人がいるのを確認したいだけ!

 ここで、コースを見ていただきたい。

 誰の目にも一目瞭然だが、高低差が激しい。折り返し地点までに八回上り坂がある。つまりゴールまでにはその倍の上り坂があるということだ。

 8劼らいまでは、そもそもなぜ自分がここにいて走っているのかがよくわからなかった。なんとなく胃の調子もよくない。

 何が悲しくて飛行機とバスとフェリーを乗り継いでこんな辺鄙な島にまで来てお金を払ったうえで走って苦しんでいるのか。意味がわからない。だがのりかかった船から、今さら降りるわけにはいかない。私は内なる闘志を燃やそうと自らを駆り立てていた。

 明らかにキロ5分を超えていて、これだけ上り坂が続いていると下手したら6分さえ守れていないかもしれない。宗男先生は今はキロ5分13秒とか大体自分の走るペースを把握できるらしいが、私はそこまでの次元には達していない。本当に私は前進しているのか。

 折り返し地点を過ぎた。すると、前にはほとんど人が見えなかったのに、後ろには沢山人がいたことがわかる。これだけ多くの人たちが折り返し地点に達していないということは、明らかに私より遅いということだ。そして確実に私はこの人たちより早く走れているということだ。急に元気が湧いてきた。