C・ロナウド、プロ初得点の夜に赴いた先はナイトクラブではなく… スペイン紙が逸話紹介

写真拡大

15年前の10月7日、ロナウドが記念すべきプロ初ゴール

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドはサッカーファンなら知らない人がいないであろう、世界最高峰のゴールゲッターとして君臨している。

 そんな彼がまだ何者でもなかった15年前の10月7日は、プロに入って初ゴールを挙げた記念すべき日だったとスペイン紙「マルカ」が紹介。当時の逸話を紹介している。

 ロナウドがプロとして記念すべき一撃を決めたのは、2002年10月7日のこと。当時17歳でスポルティング・リスボンに所属していたロナウドはモレイレンセ戦で先発出場。前半33分にチームメートからセンターサークルを超えた付近でボールを受けると、代名詞の高速ドリブルとシザースフェイントで相手マーカー3人を置き去りにし、初ゴールを叩き込んだ。まだほっそりとした体つきのロナウドは興奮し、ユニフォームを脱ぎ捨てて喜びを露わにした。

 後半アディショナルタイムには、同じくトレードマークである高い打点のヘディングシュートを叩き込み、この日2点目を奪った。今と変わらないプレースタイルでゴールを積み重ねたロナウドだが、試合後の過ごし方は違ったようだ。

 同紙によると、試合後にロナウドの姿があったのは、華やかなナイトクラブではなく、スタジアム近くのこじんまりとしたレストラン。そこで母親と初ゴールを祝う食事をしていたと伝えている。

その後に積み重ねたゴール数は「613」

 その後のロナウドの華々しいキャリアは説明するまでもないだろう。スポルティング・リスボン、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、そしてポルトガル代表で積み重ねたゴール数は実に613にも及ぶ。うちレアルでのゴールは約3分の2にあたる412を数え、ストライカーとしての凄みを増し続けている。

 あどけないティーンエージャーだった頃と、32歳の現在。今も昔もロナウドが求めるものは値千金の一撃とチームの勝利であることになんら変わらない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images