FCバルセロナとネイマールは訴訟中

写真拡大

FCバルセロナとネイマールは昨夏に関係を断ったが、バルサとの契約延長の報賞金を巡り、双方は裁判で対立している。現在選手とクラブの双方はFIFA(国際サッカー連盟)に訴えを提出しているが、ネイマールはUEFAに対しバルサを告発した。

『As』によると、7日(土)にネイマールは弁護士を通じUEFAにバルサの欧州CLからの排除を要求したようだ。

同メディアによれば、UEFAはこの訴えを考慮することもなく、ネイマール側の弁護士事務所に対し要求を即座に退ける旨を伝えたという。

この奇妙な告発の他にも、両社の間には2,600万ユーロ(計34億円)の契約延長金の問題が残っている。数日前に対話の場が持たれたが、合意に至ることは無く、バルサとネイマールは引き続き法廷での争いを繰り広げることになる。